話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

VSオークーガボス

敵を睨みつけたロックした事により、鑑定が自動発動する。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
イベントモンスター:オークーガボス
オーク、オーガ、オークーガを束ねるボス。
けた外れの力をもつ。
HPと防御力も高く、序盤のイベントボスではフェンリルを除き最強。
高い知能も備えており、言葉を話す。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「こいつがすべての元凶か……まさしく「ボス」って感じだな」

 敵…オークーガボスは、俺の三倍くらいの高さがある。
腕や足、胴体もとても太く、筋骨隆々という表現がぴったりだろう。

「なんでされるがままになってたんだ? フェンリル?」

「少年か……無事だったのだな。よかった……」

「我も無事だぞ、長よ」

「ライト……そうか、奴めの言うことはやはり嘘であったか」

「っていうと?」

「奴は…なれたちを捕えたと言ってきたのだ。返してほしければ私の命をよこせとな」

「お前のほうが強いんだろう? 何で倒さないんだ!?」

「今の私は戦えないのだよ……冒険者たちから受けた傷がまだ治りきっていないのだ」

「動けないのか?」

「その通りだ。私は今、動ける体ではない」

「ならしゃーなしなのか? まぁ細かいことはいいや、あいつを倒せば終わるんだからな!」

「その通りだが……できるのか? 今の少年よりもレベルが数段…いや数十段上の相手だぞ!?」

「だいじょうぶだって。良いから見てな! ハザード、フェンリルを頼む」

「承知した」

「さて……待っていてくれたようだが、言い残すことはあるかい?」

「がっがっが。おもしろいことを言うな、人間! 貴様に俺が倒せると思っているのか!?」

「できるさ。簡単にな……ウォーターボール×30、アースニードル×30展開!」

 俺は魔法を発動し、ウォーターボールとアースニードルを展開させる。
今回はファイアボールとウインドカッターは使わない。
爆風でウルフたちの住処を荒らしたくないしな。

「がっがっが。魔法を使うか! いいだろう…思い残すことはないな? なぶり殺しにしてやろう!! ゆくぞ!!!」

「いいや、これで終わりだよ。ライトアームセット! 乱れ撃ち&ウォーターボール、アースニードル一斉射出フルバースト!!!」

ドドドドドドドドドドド!!!

 まさしく弾幕……弾の雨あられをオークーガボスに向けて撃ち続ける。
右腕のノーマルガトリングが、すさまじい勢いで弾を発射していく。

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドド!!
ドドド!
キュルーン……

 弾が切れたようで、ノーマルガトリングが沈黙する。
アクティブスキル「乱れ撃ち」は、秒間30発連射を10秒間撃ち続ける。
専用の弾回復スキルである「リロード」を使わない限り撃てなくなるが、序盤ではまさにバランスブレイ
カーといえるだろう。

「ががが……よくもやってくれた「リロード発動……ウォーターボール×50、アースニードル×50展開……乱れ撃ち&ウォーターボール、アースニードル一斉射出フルバースト!!!」なぁ!?」

ドドドドドドドドドドド!!!

 オークーガボスが何かしゃべったかもしれなかったが、構わず再び撃ちまくる。
魔法の数も増やし、ダメ押し気味に攻撃しまくる。

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドド!!
ドドド!
キュルーン……

「リロード……ウォーターボール×50、アースニードル×50展開……発動しない!? MPが足りないのか!? ならば乱れ撃ち!!」

乱れ撃ちは発動できた。

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドド!!
ドドド!
キュルーン……

「リロード……乱れ撃ち!!」

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドド!!
ドドド!
キュルーン……

「リロード……乱れ撃ち!!」

キュルーン……

「MP切れか。これで弾は尽きたわけだが……倒しきれたか?」

どうやら乱れ撃ちも発動できなくなるまでMPを使ってしまったらしい。

「ライトアームクローズ」

俺はノーマルガトリングをしまい、右手のノーマルソードを握りなおす。

「フヒュー…フヒュー…フヒュー……よくも…やりやがったな!!」

「なん…だと! まだ生きている!?」

弾幕によってできた煙が晴れると、そこには満身創痍のオークーガボスが立っていた。

「しぶといやつだな。今楽にしてやるよ……」

俺はオークーガボスに向かって歩き出す。

「ちぐしょうがぁ……うがぁっ!!」

俺が攻撃できる距離まで近づくと、オークーガボスは右手に持った剣で攻撃してくる。

「無駄だよ……はぁっ!!」

右にずれて攻撃をかわし、そのまま右手のノーマルソードで首をはねる。

「武器の耐久値が減っちまったぜ……後で鍛冶屋に行かないとな……」

 スキルを使えば、武器の耐久値を減らさないで敵を倒せる。
俺が今までスキル攻撃に頼ってきた理由だ。
武器と防具は、耐久値が0になると消滅してしまう。
かといって、MPが0になると回復するまでペナルティが発生する。

「MP切れにならなくて良かったぜ……ステータスを見てみるか」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル15
HP:4800/4800
MP:10/3600
力 :585
魔力:585
体力:585
精神:585
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造
ファイアボール
ウインドカッター
ウォーターボール
アースニードル

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:95
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「結構ギリギリだったんだな……」

 今までの戦闘はMP切れのことなんか気にしなくて良かったが、こういう戦い方をしていれば、これからはいやでも気にしなければならなくなるだろう。

「さてと…おわったぜ?」

俺は、報酬をもらうためにフェンリルのもとへと歩み寄った。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く