ランダムビジョンオンライン

inten

説明を読むのは大事です

「次は、アクティブスキルの確認だな。結局とったはいいけど、内容は確認してないからな……」

 俺は、最後の100ポイントを使って選択した、アクティブスキル「創造」の効果を見てみることにした。

「えっと…まずは、ステータス画面をひらいてっと……」

まずはステータス画面をひらく。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル1
HP:2000/2000
MP:1500/1500
力 :375
魔力:375
体力:375
精神:375
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造

職業
全闘士オールラウンダー
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「アクティブスキル「創造」を選択してっと……」

俺はアクティブスキル「創造」を選択し、説明を表示させる。

「なになにっと……」

そこにはこう書かれていた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アクティブスキル
創造
耐久値が無限以外のすべてのアイテムを、消費したMPと職業に応じてランダムに生成する。
最低発動MP:1000
最大発動MP:????
発動紋言スタートスペル:クリエイト〇〇(消費MP数)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「これは……かなり使えるんじゃないか?」

消費MPに応じて生成されるならば、伝説級のアイテムだって作れるかもしれない……

「とりあえず、試しに使ってみるか……」

俺は、とりあえず一回アクティブスキル「創造」を使ってみることにする。

「クリエイト1000」

俺が発動紋言スタートスペルを言うと、両手が輝き熱くなる。

「うおっ!」

 俺がびっくりしていると、数秒で光はおさまる。
次の瞬間光が散らばり、手の中には剣ができていた。

「おぉ…すごいな。これはかっこいいぞ!」

 かっこいい演出に期待が高まる。
早速鑑定を使ってできたアイテムを確認してみる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
片手剣:ノーマルソード
攻撃力:100
魔法攻撃力:10
防御力:50
魔法防御力:50
耐久値:1000/1000

アクティブスキル
スラッシュ(10)
クロススラッシュ(30)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「しょぼい……」

 俺の第一印象はこの一言に尽きた。
どうやら最低消費MPで作れるのは、最低レベルのアイテムのみのようだ。
まぁまだ一回しか使っていないので、そうと決まったわけではないのだが……

「とりあえず、これを装備するかな……」

俺は再びステータス画面を表示する。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル1
HP:2000/2000
MP:500/1500
力 :375
魔力:375
体力:375
精神:375
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造

職業
全闘士オールラウンダー
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「画面を横にスクロールしてっと……」

 俺はステータス画面を操作し、装備画面を表示させる。
するとそこには、今までのキャラクターとは違う画面が表示されていた。

「なんだこれ……。これが全闘士オールラウンダーの装備画面なのか…?自由度高いな!」

今までの装備画面は

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
武具
武器:???

防具
頭:???
盾:???
鎧:???
籠手:???
足具:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

というシンプルなものだったのに

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
武具
右手:???
左手:???
右腕:???
左腕:???
背中:???
右腰:???
左腰:???
右足:???
左足:???

防具
頭:???
盾:???
鎧:???
籠手:???
足具:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

という今までよりも武器を装備できる数が多く、まさしく全闘士オールラウンダーの名にふさわしい装備画面だと言えるだろう。

「これはすごいな!……とりあえず、この剣を右手に装備っと……」

 俺は右手に「片手剣:ノーマルソード」を装備する。
すると、右手に自動的に剣が装備された。

「うおっ!すごいな。今までは自分で掴んだりしないといけなかったのに……」

 俺は少し感動する。
しかし……

「あれ?はずれないぞ?これ……」

なぜだか剣が右手から離れなくなっていた。

「どうすればいいんだ?」

 早速困ってしまった。
こういうときはどうすればよかったっけ?

「とりあえずヘルプに聞いてみるか……ヘルプちゃん? 出てきて~」

『何かお困りですか?』

俺がヘルプをよぶと、このゲームのヘルプを担当しているヘルプちゃんがあらわれる。

「なんかさ、右手から剣が離れなくなっちゃったんだよ……」

『該当事項検索…………検索完了。確認します、あなたの職業は全闘士オールラウンダーですか?』

「おっ、なんでわかったの?そのとおりだよ」

『それでは説明いたします。「職業:全闘士オールラウンダー」は、装備した武器を自由に出し入れすることが可能です。「ライトクローズ」と言ってみてください』

「ライトクローズ」

俺がそう呟くと、右手の剣が消える。

「おぉ、簡単にできた……」

『「ライトセット」と言ってみてください』

「ライトセット」

俺がそう呟くと、今度は右手に剣が装備される。

「すごいな……ライトクローズ」

俺は再び「ライトクローズ」と呟き、右手の剣を消す。

『これらの機能については、「職業:全闘士オールラウンダー」の説明から確認することができます。他に困りごとはございますか?』

「大丈夫。ありがとう」

『それでは、失礼いたします』

そういうと、ヘルプちゃんは消えていった。

「とりあえず、全闘士オールラウンダーの説明を見てみるか……」

俺は再びステータス画面をひらいた

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く