暗殺学園カトルカナル

黒イライ

第一殺 暗殺者

殺された。家族が。


 実際は自殺ではあるがほとんど殺されたようなものだ。

 家族を殺した連中は今ものうのうと肺を動かして呼吸をしている。

 そんな奴らがいると思うと虫唾が走る。

 同じ空気を吸っていると考えると吐き気がする。

 そんな奴らがのさばっていていいわけがない。

 殺す。今度はこちらが。




 絶対に────────殺してやる。


 その目に映る光は闇に包まれ憎悪が溢れ出ていた。









 「……はぁ……はァ、…………っ、はぁ……。」


 今は暗殺者養成学校の一つ、ミッテルラント学園の入学試験の一つの模擬戦の最中だ。
 アンムルトル学園の入学試験は段階式になっており模擬戦をしているのは入学が決定している者がする最後の試験だ。
 しかし、いくら合格が決まっているとはいえ、斬宗篤人きりむねあつとは手加減などする気は無かった。それどころか全力で試験を受けていた。

 相手はヴァイオレットの目をした翡翠色の髪が腰辺りまで伸びている少女だった。その凛とした佇まいは見た者を虜にしてしまうような雰囲気があった。しかし、少女の紫眼は冷めきっていた。

 「………もういいかしら。時間の無駄なのだけれど。」

 「……まだ、だ。まだ、倒れて、ない………!」

 篤人は全身をボロボロにされていた。模擬戦用の木刀で打ち付けられた打撲の跡。鋭く刻まれた傷跡。
 対して少女────斎中詩葉さいなかしはは息も乱れていない、傷跡もない、何も攻撃を受けた痕跡がない。

 篤人は今まで磨いてきた技、経験、全てを注ぎ込んで詩葉にぶつかっていた。

 しかし何一つとして詩葉には効かなかった。全ての技をあしらわれ、搦め手を用いても逆にやり返される。



 「はあああぁぁぁぁぁっっっ!!!!」

 篤人は自分が打てる最大の一撃、異能キャパシテを用いて最大火力の攻撃をした。
 しかし────

 「…………………………。」

 詩葉は顔色一つ変えずに涼しい顔のまま、武器を用いることなく片手で篤人の攻撃を全て防いだ。

 「あなた────殺しには向いてないわ。早く去りなさい、目障りよ。」


 瞬間、篤人の視界は暗転し意識を手放した。









「はぁ…………。負けたか……。」

 篤人は斎中詩葉に敗れた後、医務室に運ばれ治療を受けていた。

 (それにしてもあの子、強かったなぁ。)

 篤人は改めて先程の模擬戦の内容を確認していると力量の差がはっきりしていた。技の練度、素早さ、力、頭の回転速度。何もかも勝てていなかった。その結果が先程の模擬戦だ。かすり傷一つ負わせることも出来ずに呆気なく敗れた。だが篤人にとってそれは少しだけ頭に留める程度のことだった。


 『あなた────殺しには向いてないわ。早く去りなさい、目障りよ。』


 篤人の頭にはさっき詩葉が発した言葉が永遠に繰り返されていた。

 (………僕は暗殺者にならなければならないんだ。例え才能が無くとも…。その為には暗殺者のライセンスを取らなければならない……。)

 この世界の暗殺者にはライセンスというものがある。ライセンスのない者が暗殺をするとただの犯罪者扱いとなる。しかしライセンスを持つ暗殺者が暗殺をするとその案件は政府預りとなり罪はない。勿論、誰これ構わず暗殺の依頼を出来る訳ではない。政府を通して容認された依頼しか受けてはならない。例えライセンスを持つ暗殺者だとしても個人で勝手に受けた依頼で暗殺を行えば罪はある。


 「僕は…暗殺者にならないといないんだ……絶対に………。」


 その様な想いを抱きながら、斬宗篤人はミッテルラント学園の門を叩いた。

「暗殺学園カトルカナル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く