話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

諦めていた人生の続きで私は幸せを掴む

弓削鈴音

幕間: 精霊について

『あなた、名前は。』

『…………アイカ。』

『そう。好きなモノとかあるの。』

『……ある。私が、好きなのは────』




「そういえば、精霊には種類があると聞いたのだけれど。」

『あるよー。種類、っていう感じじゃないけどね。』

 アマリリスは明日に控えた登城に、どうやら寝付きが悪いみたいだ。
 私は別に寝なくてもいいから、話には付き合ってあげられる。というか、一緒に話したい。

 いくら生まれ変わりとはいえ、アマリリスはアマリリスで、私は私だ。ものの考え方も、性格も、結構違う。
 だから、話してて楽しい。

『まず、精霊には位がある。上位精霊、中位精霊、そして下位精霊。上位精霊には第二位と第三位、中位精霊には第四位と第五位がある。下位精霊は第六位。』

「あ、知ってるのと同じ。」

『じゃあ、第一位が精霊王だっていうのも?』

 アマリリスは頷いた。その時、束ねている銀色の髪が揺れる。
 日本にいた頃は、アニメとか漫画で銀髪キャラを見る度に、本当に銀髪なんてキレイなんだろうか、と疑問に思っていた。けれどこうして見ると、結構おしゃれだ。

「精霊王は、それぞれ属性を司るのよね?」

『そうそう。主要六属性の、火・水・風・土・雷・無。それプラス、貴属性の光と闇。合計で八属性だね。』

 指を折りながら数える。

「アイカってどの属性に適性があるんだっけ?」

『風と雷、そんで無。さすがに貴属性は無いなー。』

 無は、防御魔法や精神魔法―――例えば認識阻害魔法とか―――が分類されている。イメージ的には、攻撃系よりもサポート系みたいな感じだ。結構色々な魔法が無魔法で、無魔法の適性が低いと苦労しやすい。
 そして貴属性。適性のある者は少なく、特に回復系を含む光魔法を使える者は特別視されている。

「そういえば。どうして私は、精霊魔法が使えないの?」

『……丁度いいね。話すよ。』

 アマリリスは真剣な面持ちで私を見ていた。だから、少し心苦しくなる。全てを言えない事に対して。
 私だって、別に言いたくないわけではない。今説明することが出来ないのだ。これを話してしまったら、アマリリスを余計なことに巻き込んでしまう事になるから。

 だから今からする話は、かいつまんだ話になってしまう。

『アマリリスにはね、精霊に命令する力が無い。』

「命、令?」

『そ。言い方は悪いけど、精霊魔法とは、いわば精霊に魔法を使わせる魔法。』

 これは事実だ。アマリリスに、精霊に対して命令する力が無いのも、これまた事実。

 ただ、伏せている事もあるけれど。

『だから、精霊としてはアマリリスの存在はすごく貴重なんだよね。他のやつだったら、自分達の魔力がすっからかんになるまで、魔法を使わせるかもしれない。』

「も、もし、魔力が無くなったらどうなるの?」

『……死ぬ。』

 私の言葉に、アマリリスが息を呑む。さすがにこれは、事実を話しておこう。

『まぁ、死ぬって言っても一時的にね。一度死ぬと、魔力がある程度溜まるまで生き返れない。眠りについたままになっちゃう。時々、その間に人格が消えてしまったりすることもあるから、"死ぬ"っていう表現を使っているんだよね。』

「そうなのね。」

 アマリリスが、安心したように笑う。アマリリスはちょっとキツめの目だが、こうして笑顔を浮かべるとその目元でさえも愛嬌が感じられる。
 やっぱり誰にでも優しいな、と思った。私とは、全然違う。

 トントン

「失礼します、お嬢様。」

「エミー、どうかした?」

 部屋に入ってきたのは、アマリリスの専属メイド、エミーだった。私も彼女の事は信頼している。
 戦闘能力は低い・・けれど、別にバトルメイドは期待していない。

 私にとっては、アマリリスの瞳の色で彼女を差別しない事が、何よりも大切な事だから。

「お嬢様がまだ起きていらしたので、ホットミルクでもいかがかと。アイカ様の分もございます。」

「ありがとう、エミー。」

『ありがと!助かるよー。』

 エミーは微笑むと、一礼して部屋を出ていった。

 ホットミルクを飲んでみると、ちょうど人肌ほどに温められていて、体中に染み渡るような感じがした…なんていうと大げさだが、シンプルな味だからこそほっとする。

「温かくて美味しいわね。」

『うん。────あ、さっきの続きなんだけど。』

 アマリリスが頷いて、続きを促す。

『まず、下位精霊は、知能が小さな子供くらいしか無いんだ。だから、結構感情で動くし、感情に動かされやすい。』

 アマリリスが、興味深そうに頷く。
 下位精霊は、精霊としては生まれたての存在だ。大抵が、生まれてから数十年未満、といったところで、アマリリスみたいに精霊に好かれやすい人間に着いて行ったり、魔力濃度の高い霊峰とか呼ばれる土地にいたりすることが多い。

『第五位精霊は、自我がきちんとあって、しかも知能も第六位精霊より高い。ただ、加護を与える事は出来ない。それが、第四位精霊との違い。』

「加護って、第四位精霊からしか与えられないの?」

『そ。といっても、第四位精霊の加護は弱いけどね。────そうだ、加護の話しよっか。』

 アマリリスが頷いてくれた。それを確認してから、私は話を続ける。

『加護っていうのは、その精霊の力の一部を分け与える事。だから、魔力保有量の少ない精霊は出来ない。』

「そうなのね。」

『ちなみに、同じ原理で愛し子を持てるのは上位精霊のみ。愛し子っていうのは、結構自分の魔力をあげる存在だからね。特に、なんかものとかを司る精霊にしてみれば、それの力も分けることになるから、意外と消耗するんだよね。』

「そっか、アイカは、上位、精霊、だもん、ね……ふわぁ。」

 アマリリスが大きく欠伸をする。
 外を見てみると、もう時間も遅いみたいで人っ子一人いない。
 一応この世界にも時計はあるのだが、あまり技術が進歩していないために誤差がひどい。それに、一つ一つがかなり高価だ。
 クリスト公爵家はお金持ちだから居間に一つと書斎に一つ、そして図書室に一つあるが、さすがに個人の部屋にはない。

『アマリリス、もう寝る?』

「うん、あと少ししたら。────ねぇ、何かを司るのは、上位精霊だけ?」

『そうだよ。そして、第二位精霊が司るものの下位存在を第三位精霊は司る。ちなみに、中位精霊は属性を持っているだけ。』

「そう、だったんだ。疑問が解けたわ……ふわぁぁ、もう、寝るわね。」

『はーい。おやすみ、アマリリス。』

「おやすみなさい、アイカ。」

 アマリリスはそう言うと、目を瞑ってしまう。しばらくすると、安らかな息が聞こえてきた。
 この子は眠りに入るのが早い。昔から変わらないなぁ、と思わず笑みをこぼす。

 アマリリスの前髪が顔にかかっていたから、耳の方へかけてあげた。
 可愛い妹がいる気分だ。

『明日は頑張ろうね。私も、頑張るよ。』

 長い夜をどう使うか。
 そんな事を考えながら、私は一人起きたまま、空に輝く月を見ていた。

「諦めていた人生の続きで私は幸せを掴む」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く