世界の果てまでもあなたを追いかける

お歌詞屋さん

17話 お兄ちゃんの秘密

 はぁ…
 とりあえず続きどうぞ♪




 「やあ、久しぶりさ・な・え・ちゃん♪」

 早苗の心に傷を負わせたその男、斎藤 晃さいとう あきらは早苗を舐めるような目で見ていた。

 そこに裕翔が入り晃の視線の前に立つ。

 「ちっ、ジャマだ。どけ。」

 晃は怒りに満ちた目を裕翔に向ける。

 「邪魔なのはお前のほうだ。斎藤 晃。」

 殺気を放つ裕翔。

 「ふ、ふん!二度目はないぞ。やれセバス!」

 そうして出て来たのは早苗たちをアイドルに誘った佐藤 広島さとう ひろしだった。

 「はい了解致しました。ふん、話に乗っていれば痛い目を見なくて済んだのに。お前らやれ!」

 そうセバスが叫ぶと周りを取り囲んでいた男達が迫って来た。

 「はぁ…」

 裕翔は大きなため息をつき拳を握りしめ構える。

 「任務開始…」

 「…え??」

 裕翔が小声で言った瞬間、周りを取り囲んでいた男達が倒れていた。

 裕翔を見ると服が少し破れ皮膚から大量の水蒸気、そして機械のような赤い目。

 早苗は驚きのあまり動けない。同じように斎藤達も動けていない。

「もう手加減できないぞ…」

 次の瞬間、セバスの背後に裕翔が来た。

 セバスは突如起きた非常事態に声が出せず後ろを振り向き化け物を見る目で裕翔を見る。

 「ぶはぁぁ!!」

 裕翔の拳がセバスの腹に入る。そしてセバスは力無くして倒れた。

 斎藤はその光景を見て腰が抜ける。早苗も尻をつく。裕翔は体を斎藤に向けゆっくりと歩く。

 「く、来るな!」

 もがきながら斎藤は逃げようとするが身体に力が入らず足をバタバタさせる。

 「ほう、この状況で声を出せるとは。まあその減らず口を聞くのは今日で最後だが…」

 裕翔はそう言うと人ではありえないスピードで斎藤に近づき顔面を殴る。
 
 斎藤は吹っ飛びゴミに当たり気絶する。斎藤は鼻が潰れ見るもおぞましい姿になっていた。

 「ふぅ…」

 裕翔は身体の力を緩める。すると智が早苗に話しかける。

 「細かいことは家で話そう。この処理は私の友人がやってくれるから。」

 智は早苗に手を貸し起き上がらせる。

 そのあと早苗たち3人は誰一人口を開かず家に帰った。




 読んでくださりありがとうございます。本当に遅れてすみません。なんというかリアルはイヤになりそう。(涙)
 とりあえず頑張っていきますのでよろしくお願いします。

「世界の果てまでもあなたを追いかける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 鵺伊

    兄さんいつもかっこいい!

    4
  • 西東 北南(さいとう ぼくなん)

    続きがめっちゃ気になる

    4
コメントを書く