世界の果てまでもあなたを追いかける

お歌詞屋さん

11話

 あぁ〜彼女ほしい〜。と書いているとそう思ってしまう自分がいる…とりあえず続きどうぞ。




 「じゃいきなりだけど時間がないから試合していくよ。」

 「え…」

 幸に言われ裕翔は戸惑いながらもコートに入る。幸は逆のコートに。

 「ルールはわかる?」

 「多少なら。」

 「OK。じゃあ試合を始めよう。」

 この会話に裕翔は違和感を持ち幸に聞く。

 「なぁ、なんで早苗と話す時に語尾にスってつけるんだ。」

 そう聞くと幸は苦笑いで言う。

 「なんていうか高橋さんの前だとああなっちゃうんだよね…というか下の名前で呼ぶってどれくらい仲がいいの?」

 裕翔は少し考えこむ。

 (そうか、住田は俺が早苗の兄さんとは知らないのか、あの時と雰囲気というか髪型が違うからな。)

 あの時とは早苗とショッピングモールに行った時のことだ。当の早苗は今、この場にはいない。

 「まあまあ。」

 適当な返事に幸が何か言おうとすると試合スタートの音が鳴る。

 「この勝負、勝たせてもらうよ。」

 そう幸が言ったすぐあと幸の後ろからサーブが打たれる。

 そのボールを裕翔のチームの1人が取り、もう1人がトスを上げ、またもう1人がアタックする。

 上手く連携した速いボールが決まったと思った次の瞬間、幸がそれをブロックしたのだ。ブロックされたボールは地面に着き先制点を幸のチームがとる。

  その頃裕翔はただただじっと見ていた。

 この後は早く、幸のチームがどんどん点を決めていく。

 それ受けて裕翔のチームは働かない裕翔を睨む。

 「解析完了。」

 裕翔が変なことを言うと急に動き出す。

 (なんだアイツ…?)

 そんなことを思いながら幸は構える。

 "ボンッ"

 裕翔のチームの1人のサーブを打つ音が聞こえた。

 それを幸のチームは綺麗にキャッチ、トスをし幸が飛び上がり今までの中で一番いいアタックを打つ。

 (よし!決まった!)

 そう思ったつかの間、幸が打ったボールはすでに幸達のコートに落ちていた。

 「う、うそだろ…」

 幸は今見た現実を受け入れられなかった。

 自分が打った今までで一番いいボールを裕翔が人の速さとは思えないスピードでポジションに着き豪速球を打ったのだから。

 そのあとは試合は裕翔チームの圧勝勝ちで終わった。




 ホラーコメディーなんかも書いてみたいですね。書く時間少ないけど…

「世界の果てまでもあなたを追いかける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー229755

    お兄さん無双しすぎ笑
    面白いです!頑張って下さい♪

    3
コメントを書く