世界の果てまでもあなたを追いかける

お歌詞屋さん

1話 「今日からこの子がお前の妹だ。」

 すみません。色々遅くなりました。これから毎日1話を目指して頑張ります。よろしくお願いします。




 これは私の大好きな兄の物語。


 "カチャカチャカチャ"

 キーボードを叩く音、パソコンの光が暗い部屋を不気味にする。

 「裕翔ゆうとー、降りてこーい。」

 "パタン"

 黒いパーカーを着た男はノートパソコンを閉じると部屋の扉を開け階段に向かう。

 秋本 裕翔あきもと ゆうと。16歳。男。

 ある高校に通う引きこもり男の子。それが周りから見た裕翔の印象だ。顔は至って悪くない。

 一階に降りると裕翔の父、秋本 智あきもと さとしが手招きして玄関まで誘導する。

  「この美人な人が前に言っていた人だ。」

 「よろしくね、裕翔くん。」

 そこには背の高い綺麗な女の人がいた。

 智は5年前に妻を亡くしていた。だが容姿が良いプレイボーイなため、何人もの女性と付き合っていた。けれども毎回「タキ子(亡くなった母)には敵わないと言って別れていた。

 しかし一週間前、急に結婚すると言いだしたのだ。
 それに関しては裕翔はそこまで驚かなかったが別のことに動揺した。

 それが…

 「そして今日からこの子がお前の妹だ。」

 背の高い新しい母さんの後ろから出て来たのは背の低い美少女だった。

 「初めまして今日からお世話になります高橋 早苗たかはし さなえです。」

 彼女は綺麗な黒色の髪をわずかに揺らしお辞儀をする。
 
ショートの髪にまだ成長途中の胸が裕翔以外の男を萌えさせる。

 「初めましてか…」

 裕翔は彼女の顔をチラ見した後すぐ自分の部屋に戻った。

 早苗が何か悪いことをしたかなと悩んでると智が言う。

 「流石に覚えてないか…早苗ちゃん。学校に不登校の子いる?」

 「不登校の子?いきなり何ですかパパ?」

 早苗は物心つく前に父親がいなかった為お父さんができると知った時に嬉しくなり何度か智と会うようになっていて今では智を「パパ」と呼ぶほどになっていた。

 「その子の顔思い出せる?」

 「覚えてません。」

 「じゃ名前は?」

 彼女は手を顎に当て思い出そうとする。

 「名前…確か秋本…あ!秋本 裕翔さん。」

 「そう。早苗のクラスメイトさ。」

 早苗は驚いた表情をした。これまた可愛い。

 少し落ち着いてくると今度は美人なお母さん高橋 来海たかはし くるみが口を開く。
 
「早苗、裕翔くんを学校に行かせてくれない?」

 「え?」

 早苗はもっと驚いた表情をした。

 「お願いね。」

 こうして裕翔と早苗のちょっとおかしな恋が始まろうとしていた。






 次の日。

 「何で俺が学校に行かなきゃいけないんだ。」

 裕翔は重い足取りで通学路を一人で歩いていた。

 理由を聞かれると頭が痛くなりそうだ。何故なら…

 朝早く叩き起こされた裕翔は早苗に学校の重要性を説明すると言って一時間の拷問を受けた。

 もし学校に行かなかったら行く気になるまでこれが続くと聞いた瞬間身震いがして仕方がなく行く事になった。

 一人なのは早苗が今日、日直で早く行かなきゃいけないだからだそう。

 裕翔は負のオーラ全開で学校に着いた。校門には誰もいない。それも当たり前だ。すでに授業は始まっている。

 管理人に学校に入れてもらいついでにクラスの場所を教えてもらう。

 裕翔は自分のクラスの1-Bまで着くと扉の前で一息つく。

 それもしょうがない。入学式以来きてない裕翔はクラスメイトとは関わりがない。それに対して他の人はすでにチームを作っており仲良くやっている。そこに裕翔が入れるとは思わない。しかし

 "ガラガラガラ"

 裕翔は堂々と淡々とあっさり教室に入った。

 (うわ。人多。吐き気がする。)

 裕翔は人が多いのが苦手だった。だから入る前に深呼吸をしていたのだ。ようゆう「友達できるかな?」など少しも思ってはいなかった。

 教室に入った途端クラスの早苗を除く全員、先生も含めて驚いた表情でこちらを見つめた。

 が、何もないかのようにスムーズに裕翔は席に座った。
 
 「「「え〜?」」」

 今まで不登校だった子が学校に来たと思えば何事も無かったように振る舞う姿を見て何人かが声をこぼした。




 人気がでたらタイトルをちゃんと決めて出したいと思います。読んでくださりありがとうございます 
 

「世界の果てまでもあなたを追いかける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ヴェールヌイ

    面白いの来たー恋、学生、引きこもり、すげー最後までたっぷり内容ありそう、ジュルリ(トッポ食べたい

    1
  • ノベルバユーザー241152

    最初にタイトル出てた妹ではなく
    美人の母から出てきたり面白かったです。
    でも時折誰目線の文なのか分かりにくくなる事があるのがちょっともったいないと思いました。
    正真正銘本物の妹との恋愛小説や
    姉妹の百合小説も見てみたいです。

    1
  • seabolt

    面白そうです、期待してます

    2
コメントを書く