異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

柑橘ゆすら

VS ヘルゴースト


「主君。ついにやったのだな……!」

「いいや。後1匹、最後にボスが残っているみたいだぞ?」


 ヘルゴースト 脅威LV ???

 エラーメッセージ
(この魔物の情報を表示することができません)


 遅れて壁の中から出現したのは、全長5メートルを超えようかという巨大な半透明のモンスターであった。


 この『脅威LV ???』という表記には見覚えがあった。


 おそらく、このヘルゴーストは、以前に何度か戦ったブレイクモンスターと呼ばれる存在なのだろう。

 ヘルゴーストは体から伸びた無数の腕を使って、居間の中に置かれた家具を揺らし始める。


「む。な、なんなのだこれは!?」

「びえっ! びえええええええええっ!?」

「……アタシは何も見ていない。アタシは何も見ていない。アタシは何も見ていない。アタシは何も見ていない。アタシは何も見ていない」


 肉眼では目視できないモンスターが目の前の家具を揺らす。

 さながらそれは『ポルターガイスト』を体験しているかのようであった。

 だがしかし。
 もちろん《霊感》のスキルを保有している悠斗にとっては関係のないことである。


「ふふふ。お前だよな。コイツ等を裏で操っていたのは」

「ギョギッ!?」


 一体何故?
 どうして目の前の冒険者はこちらの姿を見ることができるのか?

 動揺したヘルゴーストは悠斗の姿を見て、逆に恐怖しているかのようであった。


「覚悟しろよ! お化け野郎!」


 全ての格闘技の長所を相乗させることをコンセプトとした《近衛流體術》を習得した悠斗は、《野球のバッター》としても超高校級の実力を誇っていた。

 球の流れに逆らわず、広角に打ち分けるバッティングを持ち味とする悠斗は、その気になれば木製のバッドで150メートル級のホームランを連発することが可能であった。

 同時に優れたピッチング技術を要する悠斗は、プロ注目の二刀流選手として、スカウトたちから注目を受けたことがあったのだった。


(……そこだっ!)


 水属性魔法で作った氷のバットでヘルゴーストの体を殴打する。

 だが、悠斗の攻撃はこれだけに留まらない。

 バッドに角度を付けて打ち上げる打法を得意としていた悠斗は、そのままヘルゴーストの体を掬い上げるようにして引っ張った。


「ふっとべえええええええええ!」


 会心の一撃。

 悠斗の作った氷のバッドにより、ホームラン球の一撃を受けたヘルゴーストは、空気の中に消えていく。

 悠斗はそこでステータス画面を確認する。


 近衛悠斗
 固有能力: 能力略奪 隷属契約 魔眼 透過 警鐘 成長促進 魔力精製 魂創造 魔力圧縮 影縫 霊感
 魔法  : 火魔法 LV7(17/70) 水魔法 LV7(30/70)
       風魔法 LV6(30/60)  聖魔法 LV6(37/60)   
       呪魔法 LV8(51/80)
 特性  : 火耐性 LV6(26/60) 水耐性 LV3(25/30)
       風耐性 LV7(61/70)


 どうやらヘルゴーストから入手できるスキルは、呪魔法プラス100らしい。

 ゴーストとヘルゴースを討伐した悠斗の呪魔法レベルは8にまで向上していた。


(ぬおっ! こ、この魔法は……?)


 新しく習得した呪魔法を確認した悠斗は、衝撃のあまり絶句していた。

 何故ならば――。
 今回、習得したその魔法は、異世界に召喚されてからというもの、悠斗が欲して止まなかったものであったからである。

コメント

  • ノベルバユーザー326230

    妹いいね!

    0
コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品