話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?

斑鳩 装

王城にて。

今、装は王城に来ている。
何故かって? 王様を救ったので呼ばれたのである。

着いたぁ、って 
王城でかくね?!思わず叫びたくなるようなデカさ、いやほんとでかい。
外の装飾は白、一部点々と黒も入っているがカッコイイ。
外で騎士の人達が出迎えてくれた。その体つきを見ると恐らく近衛騎士だと思う。鎧がバラカスさんのに似てるし。
「国王陛下の執務室に向かいます。着いてきてください。」
中に入ると中は外と違って金色!金色!金色!の嵐ですごく高そうな装飾品やシャンデリアなどがある。そうしてキョロキョロしてるとギルマスに
「キョロキョロすんな、みっともない。」
と言われてしまった。
ごもっともである。気持ちを切り替えシャキッとする。
「ここが王の執務室です。私共は入ることを許されていないので外でお待ちしております。」
うん。予想はしてた、してたんだが、豪華すぎる。さすが王様といったところかな。
「クリフです。入ってもよろしいでしょうか?」

「うむ、よいぞ。」
ガチャりとドアを開ける。中に入ると机には紙の山。本棚にはぎっしりとたくさんの本が並んでいる。あっ、なにか話さなければ。
「国王陛下、私はただ助けただけでございます。なぜ呼ばれたのでしょうか?」

「フォッフォッフォ、別にとって食おうって訳じゃない。それにその話し方は無理してるじゃろ。いつもどうりでよい。命の恩人じゃタメ口でも構わんぞ?それでここに読んだ件についてじゃが、お主相当強いじゃろ。」

「いえいえいえ!そんな国王陛下に対してタメ口なんて使えませんよ。一応今回ギルドからランクをブラックにするという話になっております。」

「そうか、そうか、その強さやはりか。じゃったらひとつお願いがあるのじゃが。」
と言いながら国王はメイドに紅茶を用意するようにいう
「はい。まずは内容を聞かせてもらいましょうか。」変なの吹っかけられても行けないしな。うん。用心大切、ここ重要。
メイドさんに紅茶をいただき飲んでみると、香ばしい香りがしていい香りだった。
「して、お願いなんじゃが、お主儂の孫娘を貰っとくれんかのぉ?」
それを聞いた瞬間、俺は「ブフォッブッ」と盛大に紅茶を吹いた。
「ゲホ、ゲホ  、、、、何を言ってるんですか。僕がですか?無理ですって。面識もないですもん。」 
「いやぁのぉ、儂の孫娘がどうしても冒険者になりたいと言ってのぉ。「聞いてくれないなら、おじいちゃま嫌いになる!」という出すものでのぉ。けどの可愛い孫娘が危険な目にあったり汚らわしい害虫に触れられる。のも我慢ならん。だったらお主と結婚してもらい、守ってもらったらいいじゃろ。」

「無理無理無理無理ですよ!そんなたいやく!僕結婚とかまだ考えてませんし!だから無理ですよ!」その後何とか言いくるめられてしまい。。とりあえず会ってみよ。との事で3日後王城にまたくるように、とのことになった。さすがに王からということのためブラックの件は一旦保留との事だそうだ。

「神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 破壊神フラン

    続き気になりますね(´・¿?・`)キニナルキニナル

    2
コメントを書く