怠惰の主

足立韋護

デルヘモイ・ケイス・オプニュート

「ぷ、くは、うははは!」

 吹き出す式谷を横目に、黒人はそのまま近づいて来る。静かな湖畔で、裸の黒人と大笑いする女と俺。客観的に見ればまず詰所で事情聴取される事案であろう。

「む、我は笑われておるのか。この外見、おかしいか?」

「ああー……まあな。もっと、こう、平均的な感じにならないのか。目立つぞ」

 そう言うと「目立つのは困る。ふんぬ!」とひとしきり力んだと思えば、次にはどこにでもいそうな、いわゆるモブ顔の素っ裸の女性が現れた。俺は思わず顔をそらした。
 そのままいくなら、男になると思うだろうが。全身ガン見してしまったぞ。

「お、おい、おい! 服だ服を着てくれ!」

「人間は衣服の文化があったのだったな」

 チラと見ると、海龍は市民がよく着ている麻の服を、まるで自身の肉体のように体から生やして、あたかも着ているように擬態した。気づけばアトラヴスフィアの市場で売り子をしていそうな、いかにも一般市民しています的風体になっていた。
 口調を変えてしまえば、龍だったことも黒人だったこともバレるはずはない。

「それで、俺らに決めたというのは、どういうことなんだ。わざわざセルフ擬人化までしてくれるとは」

「貴様ら、海龍退治依頼を受けてここに来たのだろう。退治依頼がかかるよう、通りがかりの者を脅かしてやったのだ」

 自殺志願かな? といっても、あの巨体を退治できる想像がつかない。熟練の冒険者などはできてしまうのだろうか。息を吹きかけられただけで、飛ばされそうになったというのに。

「目的がありそうですね」

 カロンを鞘に収めた式谷は、すっかり慣れきった態度で海龍に微笑みかけた。

「────海へ、帰りたいのだ」

「いや、あんた今人間になってるんだから、海まで行けるでしょ」

「わからぬのだ。陸上はどこも同じようにしか見えぬ。それに、一度試したとき関所が越えられなかった。言葉が通じず、一糸纏わぬ姿だったからか、一切を受け入れてもらえなかった」

 そりゃあんな素っ裸のムキムキ黒人に、意味不明な言語を浴びせられながら迫って来られたら、誰でも警戒はするだろう。俺なら泣きながら逃げる。
 なるほど、人間の常識がわからなかったから帰るに帰れず、湖に引きこもってたわけだ。

「しかし生憎あいにく、俺達も今ここらに来たばかりで、勉強中の身だ。常識がわからないというのはお互い様。助けることはできない」

「いや貴様らでよい。神言しんごんが通じる時点で貴様らしかいないようなものだ」

 勝手にオーディション合格にしてくれるな。こちとら望んじゃいない。

「さっきから神言神言ってなんだ。俺とお前、なんなら式谷も言葉通じてるだろう」

 海龍は神妙な表情を俺へと向けてきた。

「貴様からは尋常ではない瘴気を感じる。神言の理解を自覚なしに……気になるな」

「さっきから何を言って────」

「神言は、神の言葉。文字通り、神のみが語り、神のみが解ることのできる、神界の言の葉なのだ」

「か、神? 神界?」

「そうか、名乗っておかねばな」

 海龍はモブ顔のまま、湖に背を向けたまま俺たちに向かった腕組みをした。

「我は龍神が一柱ひとはしら、デルヘモイ・ケイス・オプニュートである────」

 彼女はこう続けた。

「────すなわち、神だ」

「怠惰の主」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く