話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

紫陽花

メル

001.新しい世界





__もうどのぐらい走っただろうか


足が千切れそうなぐらい痛い


どうしてこんな思いをしなくてはいけない?


なんで?





…あれ?




どうしてだろう?


どうして走っている?


『痛っ…!』




頭が割れそうなほど痛い

目の前が歪んでみえる





…誰か…









助けて








『ん…』

目の前が明るくハッキリとみえる

何処かの建物の中だろうか



私は横になって毛布を掛けられている




助かった??




「目が覚めたかい?」


私の横に座っている白髪の女性…?いや、きっと男性だ

「アンタ、2日も寝込んでたんだよ」


白髪の男性は心配そうに私を見つめては
起きられそう?と言って優しく起こしてくれた

「店の近くで衰弱してるアンタを見つけて連れてきたの」


『…助けて下さったのですか…』



「ウチじゃないんだけどね??そこにいる男よ」



白髪の男性が指した方向を見れば
短髪の男性が壁にもたれ此方をジッと見つめていた


「やっと目を覚めたのか」


「そういえば!まだ自己紹介をしていなかったわね!ウチは梓(アズサ)、この店の店主の代理を務めてるの。そしてそこにいる男が…」


「薊(アザミ)だ。お前の名は?」



名前…


あれ?




思い出せない



『…わからない』






2人は目を見開いて此方を見ている


「…名前がわからない?どういうことだ」


『私が誰なのか…今まで何をしていたのか、わからないんです』



自分の手を見つめてはどうして、こんなに手が震えているのだろうと思った


梓さんが私の手を優しく包み込むように握ってくれた


「…じゃあ、その背中の印はなにか覚えているかしら?」



背中の印…?


鏡で見せてくれたけど覚えていない











梓さんから一部屋借りた


でも


私はこれからどうすればいいのだろう


自分の記憶がない


思い出せるだろうか





「おい、梛(ナギ)」






『…梛?』




薊さんが裾を開け、梛と呼んできた


「名前がないと不便だろ、悪いが俺がアンタの名を名付ける。今日からアンタは梛だ」





「紫陽花」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く