話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生の能力者(スキルテイマー)

藤崎 サクヤ

第5話 俺のステータス可笑しいだろ

俺はギルドの扉を開けた。中は沢山の冒険者たちで賑わっていた。男の冒険者達は
ほとんどがお酒を飲みながらクエストの事や世間話をしていた。女の冒険者達はワインを飲みながら女子会トークに花を咲かせている。リアルのワイには程遠い状況やね。うん。そんな切ないような感情を抱いていると、前にいた人に声を掛けられた。

「貴方、新しい冒険者さん?」

はっとして、前を向くとそこには受付嬢さんらしき人が居た。とても綺麗な方だ。
異世界ってすげぇわ…

「あ、はい。まだ登録の手続きしてなくって…」

「そうでしたか!それなら簡単に登録しますけどどうですか?」
 
「あ、ならお願いします!」

そう言われるや否や、受付嬢さんが奥の方に入っていく。すると、突然ハイテクな機械を持って出てきた。

「こちらの装置を頭に被っていただくだけで大丈夫です。」

そう言われるとすぐに頭に被らされ、数秒じっとしているだけで終わった。

「もう外していいですよー!ではステータスの確認を……ってえぇ!?な…んで…!?まさか…機械壊れてる?そ、そんなはずないわよね…でも可笑しい!ま、まさかほんとに壊れたのかも…」

そんな事をブツブツ言っている受付嬢さん。何があったのかと思い聞いてみる。

「あの…何があったんですか?」

「何があったも何も!貴方見てみなさいよこのステータス!」

「へ?」
そう言われ見てみると…

__________________
【名前】タツヤ     【年齢】17歳
【性別】男            【種族】人間

【役職】覚醒者 (神職)  
【称号】駆け出し冒険者 転生者  神の力を得し者  

〜ステータス~
Lv.1

HP  600
SP   ∞
攻撃力  150
魔力   600
回避力  120
洞察力  250
知力  300
運  800

【追加効果】
全能神の加護Lv.5

《蘇再生》
・HPが20%以下になった時、攻撃力が上昇。8秒間の治癒効果が付与される。
《神の咆哮》
魔力を50000消費し、神の咆哮を放つ。威力は絶大。連射しすぎると体に大きな負担がかかる。

___________________

「えぇー!?」

ステータスがぶっ壊れてる。SP∞とかヤバすぎる!魔法ぶっぱなし放題じゃねぇか!
全体的に1レベでは可笑しい。というか有り得ないステータスだ。運の能力値が高すぎだ。幸運すぎる。この調子で行くと俺異世界最強になるんじゃね!?まぁそれもそれで悪くないな…なんて妄想に耽っていると、受付嬢さんが体を震わせながら、

「で、ではぶっ壊れステータスですが取り敢えず冒険者ランクはEからでお願いします。それでは、『貴方にとって冒険がかけがえのないものとなりますように。』いってらっしゃい。」

「あ、ありがとうございます…!」

感謝の気持ちを述べ冒険者カードを受け取り俺はギルドを出るためにドアを開ける。


…この直後、早速事件が起きるとは達也は全く知らずに。










「異世界転生の能力者(スキルテイマー)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く