貴方がいたから

キキ

新学級

サァッと私の髪をなびかせる風。
風の声に反応する木々たち。



もしここに、
私の隣に、
貴方がいたのなら ──・・・。




第一章

[ 新学級 ]



ピピッ、ピピッ
「こらー、もう朝よ〜。星那(きらな)ったら。早く起きなさーい」

私のすぐ側で、朝早くかけたアラームとお母さんのこえが聞こえる。
もう朝か、と思って体を起こす。

「あ」

ふと私の視線はカレンダーへ。
“ 4月9日 始業式 ”
と書かれている。

そうか、今日は始業式だ!

私は急いで支度した。
最後に鏡の前に立ち、

「髪型よし!歯磨きよし!制服よし!」

チェックをして家を出ようとした時、

「おい、あと筆記用具」

と私をイラつかせるような顔で筆記用具を差し出す彼は、私のお兄ちゃん。
2つ離れていて、今は高校2年生。
綺麗な顔立ちで知られ、校内では有名らしい。
1年生の女の子たちが月一くらいで告白してる…って噂なんだよね。

「ありがと、いってきまーす」

ちゃんと私はお礼をして家を出た。


あ、あのファミマのとこに立ってるのはエリだ。

「エリー!」
「も〜遅いよ」
「ごめんごめん」

こんな私でも時間どうりに待ってくれるエリが好きだ。もちろん、親友としてね。

それからたわいもない話をしながら道を歩く。
そして来た、正門。

もうクラスが貼られてあるのか…。
私は嫌な予感しかなく、見るのが嫌だった。
窓ガラスに貼られているクラス表の周りには、黒い学ランを着た男子が大勢いる。

なんとかその間をくぐり抜けて、クラスを見る。

─ あ、4組だ。エリは何組だろう。

「私、1組だ」

探していると、エリが言った。
エリは1組で、私は4組か。

遠いなあ。最後の中学校生活なのに。

そう思うと、目から涙が溢れてくる。
まあそうだよね。
小学校からの大親友と高校は分かれるし、中学3年生が最後なんだよね。

ふとエリを見ると、エリも涙がポツリ。

クラスが分かれて悲しいはずなんだけど、エリを見てしまったらなぜか面白おかしくて、私は笑った。
泣くのなんて、珍しいから。

でもほんとに残念だった。


2人で3年のクラスに戻り、私は私のクラスの人で仲良くなれそうな人を探した。

すると、すぐに仲良くなれる身近な友達がいた。
名前はミサ。
現在、運動部所属。

予感的中。
すぐに仲良くなれた。

それからミサと私の周りには友達が沢山できた。

これでもう寂しくないかな。と思った。
そんなことを思ってるとき、

「ねえ、出席番号、何番?」

1人の男の子が声をかけてきた。
辺りを見回すと誰もいなく、

──── え、あ、私に言ってる!?

と間をおいて気づいた。

「えっと…、16番だよ」
「じゃあ俺は後ろか。ありがとう」
「い、いえいえ」

この子が後ろの子か。
てゆうか知り合いなんだけどね。
結構前からの。確か、保育園から。

ん〜、実にイケメンになっている…。

フムフムと考えてると、先生がクラスのみんなを整列させる。


そして始業式が終わると、みんなすぐに家に帰った。
私もすぐ家に帰った。

あ〜。疲れた〜。
明日から新学級かあ。

私はなんだかすごく楽しみで、逆に不安だった。

「貴方がいたから」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く