話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能バトルの絶対王者が異世界落ち

チョーカー

新たなる旅立ち

 「本当に行くのか?」

 「あぁ」と俺は答えた。
 見送りはライス1人だけだ。 その顔には傷が残っていて痛々しい。

 「姫さまは、お前と戦いたいと……」
 「無理だ。どうやら、俺はそこまで強くないらしい」
 「そうか」

 それだけ言って俺は城を後にした。
 アスカを守りながら戦う。そう決意したはずだったが、魔王との戦いで、力の差を思い知らされた。
 だから、これは修行だ。
 魔王領を単独で旅をして拠点を落とす修行の旅。
 それができないならば、俺は『異能殺し』ではない。
 だから、この旅は俺を取り戻すための旅になるだろう。
 それは決して魔王討伐を目的とするだけの旅ではなく―———俺は―———

 「待ってましたよ」

 振り向く。
 そこにはアスカ姫がいた。

 「私も行きます」
 「無理だ。もう、俺ではお前を守れない」
 「大丈夫。私が勝手についていくだけなので」
 「そういう問題じゃ……」
 「今度は私が貴方を守ります」
 「……守るって……お前、何か…」
 「教えてあげません。貴方が倒れそうな時、くじけそうな時に私が貴方を救います」
 「お前……まぁいいや。ついてくるのは勝手だ」

 「はい!」と跳ねるような声が響いた。


「異能バトルの絶対王者が異世界落ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く