話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能バトルの絶対王者が異世界落ち

チョーカー

暗殺計画

 『異能の剣』

 大量のカルマを剣に込める事で発動する呪詛カース
 刺さった者には3日3晩の苦痛が与えられ死に至る。
 ————そのはずだった。


 「……その大丈夫なのか?」

 ライスは俺の胸に突き刺さっている剣を指差した。
 俺は剣に触れようとしたが、そのまますり抜ける。
 徐々にその存在感は薄れていき、今は半透明。
 どうやら『異能の剣』は俺の体と同化が進んでいるみたいだ。だが————

 「不思議な事に痛みがない」

 苦痛を受ける異能力を―———呪詛カースをマトモに受けたにもかかわらず俺は苦痛を感じていない。

 「こんな事があり得るのか? あの侵入者―――キョウジが能力に嘘を?」
 「いや、違う。心当たりはある」

 俺の異能力のうち、『猛牛の迷宮』を含んだ3つの能力が『××××(封印状態)』とステータスに表示されている。
 『猛牛の迷宮』ともう1つの異能は、その使用条件から封印状態と表される理由はわかる。
 しかし、最後の異能力は、『対異常状態(大)』だ。
 「その異能力が呪詛を無効化しているのか」とライスは納得したが……

 「いや、そう単純な話ではなく、あの膨大のカルマを完全に無効化できたとは思えない」

 俺は素直に納得できなかった。
 カルマは奇蹟の呼び水。それを完全に無効化するには同等のカルマ値が必要になる。
 『対異常状態(大)』で対抗できるはずが……

 「でも、『異能の剣』効果を弱体化させているのは間違いないだろ?」
 「それは……確かにそう通りだ。原因はわからないが俺は戦える」

 しかし、ライスは「戦える?……それは止せ」と止めた。

 「戦うとしたら別だ。君が言う通り『異能の剣』の効果が0ではない以上————その不確定要素がある以上は戦うべきではない」
 「なるほど、ライスはリアリズムだな。だが、戦士なら戦場で死ぬのは本懐なのさ」

 しかし、ライスは「それは、君が死にたがりなだけじゃないのか!」とピシャリと反論した。
 「そうかも知れないな」と俺は笑う。

 「……けど、戦いには俺が必要になる。アイツの能力は俺が封印しているからな」
 「お前、何をしたんだ?」とライスは怪訝な顔をした。

 「アイツの異能力は他者と接触中に瞬間移動は使えない。 だから、アイツが最後に瞬間移動を使った時、糸を放った」

 異能力『アリアドネの赤い糸』

 俺の小指には不可視の糸が伸びている。
 例え対象が異次元に逃げても追尾した糸だ。瞬間移動程度では逃れない。
 そして、糸から伝わる情報は―———

 「ライス、地図は持っているか?」

 「あぁ、ここにある」と地図を取り出し、その場に広げた。

 「アイツの———キョウジの居場所はここだ」

 俺は指差す。
 「……最前線だ」とライスは言った。

 「元々の作戦は電撃戦だ。俺が死ぬ3日以内なら、敵の異能力を無効化できる。お前ならどうする?」
 「……ズルいやつだ。だが、確かに奴は———あの異能力者は、我が王を暗殺しようとした。 血には血を。復讐には復讐を。暗殺には……暗殺だ」


 


 
 

「異能バトルの絶対王者が異世界落ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く