話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺のヒロインに無理矢理、異世界に転移させられた

成瀬 俊

宿探し

エミリーとリナと一緒に宿を探した。
その途中エミリーとリナのお腹がなった。

「ねぇ私たちお腹すいたから、どこかここで食べましょう」

「そうだなとりあえずあそこのお店に入るか」

とりあえず一緒に食事を食べるためにお店に入った。
そこでパスタと豚肉をリナが注文した。
そうするとエミリーが

「あの、私も食べよろしいのですか」

「もちろんちゃんと食べないと成長しないよ」

俺が言うとパスタと豚肉が届いた。
食べているとリナが、

「あなたそう言えばあいつらを倒した時の剣術と投げた技はなんなの?」

「俺は警察してたからな」

「警察?なにそれ?」

「警察は簡単に言うと、悪い奴を捕まえる仕事だよ」

「こっちで言うところの騎士ね」

説明するとリナとエミリーがなんとなくわかったような顔をした。


食事を食べ終わると俺らは宿を探した。
隣を見てみると、宿があった。

「もうここでいいよな」

「えぇいいわよ」

「私はご主人様が選ぶところならどこでも」

リナとエミリーのしょうだくもあり、ここの宿に決めた。そして、エミリーが俺の呼び名がご主人様になっていた。




「俺のヒロインに無理矢理、異世界に転移させられた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く