話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

こちらとあちら

ただのねこ

夏祭り

アイスを差し出した君が
私の唯一の光
花火の前に立った君は
とても暖かな私の光だった
私は涙を隠したくて早く行こうと
君の手を引っ張った
あれ以来君には

会っていない

「こちらとあちら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く