話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

こちらとあちら

ただのねこ

たとえ、僕を見てくれなくても、君は僕が守るから

この汚いセカイで
もう一度だけキミに会えることを
思い出と共に
祈る

「こちらとあちら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く