鋏奇蘭舞

炎舞

最強 解説

アニメを見たりライトノベルを読んでいると、時々
「最強 vs. 最強」
のようなテーマを見かけたりする。
恐らくそれは永遠に決まらないか、主人公側の勝利で終わる。
こういったものは私はあまり好きではないが、それは私の好みの問題だ。
私が疑問に思ったのは、
「対戦の会場の人々は相当迷惑を被っているのではないか」
ということだ。
恐らく、定期的に行われる「対戦」に、人々はうんざりしているだろう。
一つは、毎度毎度、建物或いは通りの物が悉く破壊されることに。
もう一つは、”下らない”戦いが繰り返されることに。
そう、下らないのだ。
”最強”を決めてどうする?
何か利益でもあるのか?
勝てば何かを得られるのか?

得られるのは、人々の畏怖と憎悪であろう。



<了>

「鋏奇蘭舞」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く