鋏奇蘭舞

炎舞

彼は何処へ 解説

以前から思っていたことだが、この話を書くにあたって私は二つの疑問を掲げた。

「年相応に振る舞えない人はどういう心情なのか」

「素直に謝罪できない人がいるのは何故なのか」

捻くれた謝り方をする人を見ると人間誰でも憤ると思う。さらに、年相応に振る舞えない、子どものような人は見ていてイライラする。私は、何故そのような言動を行うのか、最早追及することすら諦めた。これはある意味逃げの小説である。

当初考えていた案はかなり陰惨だった故、落語調な仕上げ方にした。この方がいいという肯定の感情と、これはふざけすぎでは、という葛藤がいまだに残っている。

「鋏奇蘭舞」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く