話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

執筆の裏側ㅤ~作者は語る~

深谷シロ

今溜めてるお話。

こんにちは、夜月 朔とかいうぽっと出のやつです。現在、めちゃくちゃ作品が増えてます。
何かアイデアがポンッ!って出てくるんですよ、


……悪いのは自覚してるんですよ?
でも……書きたいんです。←ニート志望


という事で現在連載中の10作品の事は一度置いておいて。今回は連載開始していない作品を纏めてみます。


無駄にアイデアだけ出てくるんですよね。1話、2話だけ書いてほったらかし状態になってます。今回はそこから掘り出して来ました。


【異世界系ラノベ作家御案内します。】


何故か『異世界系ラノベ作家』というワードが頭の中に浮上して、これが閃いた訳です。連載と言っても多分、短編になるでしょうね。まだ1話しか書いてません。当分、連載開始にはならないでしょう。


【死ぬまでスキルが使えませんっ!】


いや使わせろよ。そう思った方すみません。そのネタには飽きました(大嘘)スキル、スキル言う作者がいるから、いっそ使わせないでおこう!と思った訳です。因みにスキル、スキル言ってるのも自分なんですけどね。


【確率 × ダイスの異世界生活】


数学の確率が嫌い過ぎで好きになる為に書こうと思った作品だったりする訳でもありません。なんか閃きました。確率とダイスで異世界暮らします。凄いですね。真似できる気がしません。


【異世界ほのぼのライフ】


短い話です。連載なんだろうけど、1話、1話が1000文字くらい。普段の半分くらいですね。これ、ネタ切れじゃね?なんて思わないで下さいね。自覚してるんですから。


他にもあるにはあるんでしょうけど、アイデアが固まってないです。いずれ日の目を浴びることがあるのかもしれないですし、無いかもしれません。連載するものが増えないでくれると嬉しいですね。


そういえば、これも連載の妨げになるかもですね。考えてませんでした。まあ、いいや。


とか言って色々リアルが大変な毎日。
最近は【アップスタートデイズ】の連載も開始したので、そちらも頑張りたいですね。頑張れるんでしょうか?自分に問い掛けてみるとします。多分、無理な気がします。まずはリアルの事情を終わらせます。そして自主企画の150作品を片付けるとします。


────忙しいですね。

「執筆の裏側ㅤ~作者は語る~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く