THE. SCHOOL STORY

ユウエド

序説 3

 山奥にある、秘境旅館。
そこには、専用のバスか、ロープウェイ、登山といった手段を用いねば辿り着くことはできない。
 バスが登れるなら自家用車でも…と、車で来る客もいるが、バスは途中から線路の上を通るので、車が通れる道路が途切れている。

「師匠!学校に行くって噂を聞きましたが、本当ですか!?。」

「え、あーうん行くよォ?。」

 気だるそうに答える。
ここで料理を作っている方が楽しいので、本当に行きたくない。

「でも師匠…女将に学校行けって言われたとき、全国模試で一位取って来ることを条件に続けさせてくれって言って全科目満点取ってきたじゃないですか!学校で学ぶことなんかありませんよ!。」

「僕もそう思うよ?でもなんか、青春を学んでこいだとかなんだとか。」

「そんな!ここにきてあなたに惚……好み、会いたいというお客様がたくさんいるんですよ?わざわざ学校になんか行かなくても…。」

「ありがたい話だけど、ここを僕に頼りっきりにするのも修行にならないよ?。」

「しかしッ…!私では師匠に遠く及びません!。」

「いやあの私年下…。」

「頭も経験も腕も精神力も体力も精神年齢も師匠の方が断然上ですッ!。」
 
「そ、そうか。」

 なんでこの優等生はこんなに素直なキャラなんだろうもったいない。

やってやったことといえば、キレ出したヤクザの客をソロで沈静化させたとか、厨房にきた客への対応を見せたりとか、そんな事をしただけなのだが…

「ま、大人なんだからさ、自分だけでも流れに合わせて動けるようにならないとね。」

「たしかにそうですが…。」

「朝と昼。この時間帯、僕は来れなくなる。でも夜はちゃんとくるからな。」

「え、…こんな田舎まで夜にしっかり帰ってくるんですか!?。」

「いい修行になりそうだぞ。」

「いやいやいやこの旅館から一番近い高校でも50キロは離れてますよ!?公共交通機関…タクシーを使って最速で来ても、夜の主時刻過ぎにしか来れません!。」

「僕を誰だと思ってるんだい?。」

 実際はチートじみたことをする予定だが。

「……行くんですね?。」

「ああ、だからそれまでに急ピッチで君に叩き込めることは叩き込む。いいね?。」

「はいッ!。」

「…って事らしいので、女将。いいですか?。」

「ええ、頼みます。」

 音もなく厨房の入り口まで来て話を聞いていた女将が入ってくる。それに驚いた米一は、すぐさま振り返り、ありがとうございます!と、言う。

「米一。これから教わることは、他言無用ですよ?。」

「もちろんです!。」

 この旅館が人気な理由の一つが、朝昼晩と出される料理である。その料理は女将と料理長に認められなければ作り方を教えてすらくれないもので、認められるまでは配膳や、盛り付けの手伝い。修行をする日々である。

「さて、優。夜以外は仕事ができないようですが、夜のみ料理長をしますか?。」

「そうしようかな。」

朝と昼は誰に任せるか、少しだけ気になった。が、ここで料理を作ることを許されているものなら誰がやっても問題はないだろう。

「…学校の下見にでもいこうかなー…。」

 校長はかの神の子孫なので、僕を見れば校門を通り過ぎた瞬間に気付くだろう。

「よう、優。」

しかし、その子孫に会いに行く前に、モノホンと再会する。

「THE. SCHOOL STORY」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く