ドラゴン&メイド喫茶へようこそ!

巫夏希

第七話

『彼』の言うとおり、ここで終わっていればただのおとぎ話。
 ここから先は、私たちの罪と罰。それをどう判断するかは、被害者であるあなた次第。
 ……そう、聞きたいのね。
 一応、忠告はしたわよ。


 ◇◇◇


 ボルケイノでの日々は、はっきり言って楽しかった。
 いろいろな仲間がやってきたし、ミルシアという上客も出来た。それに、メリュー自体がボルケイノに馴染もうとしてくれたからね。一度彼女自身が逃げ出したこともあったけれど、それも水に流して平和な日々を送っていた。
 けれど、それも長くは続かなかった。
 呪いは終わり、メリューは人間として戻ることが出来る。
 けれど、それはボルケイノの終わりを意味していた。
 私は、それを拒否したかった。出来ることなら永遠にこの日々が続けば良いのに……と思っていた。
 でも、呪いはいつかは解かなくてはならない。メリューは人間に戻り、ボルケイノも消失する――はずだった。
 でも、人間だったケイタが、ドラゴンになることを望んだ。
 竜の盟約。
 それは、私が望んでいたボルケイノの継続でもあった。
 ボルケイノは続けられ、メリューの呪いは解け、記憶も改竄した。
 結果的に、生まれたのが――あなたよ、メイト。


 ◇◇◇


「これがすべて。私の、精算しなくてはならない、罪。そして、その罰は、与えられなくてはならない。竜の盟約は、終わりを迎えなくてはならない」

 ティアがゆっくりと動き始め、手に持っていた物を振りかざす。
 よく見るとそれは、果物ナイフだった!
 ティアは、自らの命を絶つつもりだったのか!
 まずい、間に合わない。そう思っていたそのとき――。
 それを止める、手があった。
 果物ナイフの刃を、血が出ることも厭わずに掴んだ手があった。
 それは――母さんの手だった。

「母さん!」
「メリュー、あなた……どうして止めるの! 嫌だ、私はここで死ぬの! そうすれば竜の盟約は強制的に解除され、あなたたちは平和に暮らすことが出来るのに……」
「私が、それを望むと思っているの?」

 メリューの言葉に、ティアは言葉を失っていた。
 そして、ティアはもうナイフから手を離していた。

「私が、ケイタが、いいや、それだけじゃあない。皆がそれを望むと思っているの? あなたが死ぬことですべて解決するとして、それを望むと思っているの?」
「私は……私は……」
「もうすべて、終わりにしましょう。竜の盟約だとか、そんなことはどうだっていい。しがらみに捕らわれることなんて、もうお終いにしましょう」
「私は……」

 ティアの身体は膝から崩れ落ちていた。
 そして、それは一つの事件の終わりを迎えているのだった。


「ドラゴン&メイド喫茶へようこそ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く