名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜

耕一

第5話『雪の解読法』

「どう言う事ですか?」
小林刑事が俺にそう言った。
「"雪"というのは雪女を指すものではなく雨宮さんのことを指していたんです。」
俺がそこまで言うと雨宮さんが口を開いた。
「私は雨宮陽子よ!!美里が残すなら、"雨"の方が分かりやすいじゃない!!」
雨宮さんは興奮した様子でそう言い放った。
「分かりやすければあなたが気づいて消してしまう可能性があると考えたんだと思いますよ。」
俺は雨宮さんの方を見ながら言った。
「じゃあこのダイイングメッセージが何で私のことだと思ったのよ!!」
雨宮さんは開き直った様子でそう言った。
「この"雪"というダイイングメッセージは単に雪を連想させるためのものではないんです。この"雪"というダイイングメッセージを解読するにはまず"雪"という漢字を上下に割る必要があります。」
俺は落ち着いた声色でそう言った。
「雨かんむりとカタカナのヨですかね。………あっ!!なるほど雨宮陽子さんの頭文字だったんですね!!」
小林刑事は小学生の様にはしゃぎながらそう言った。
「そうなんです。大野さんは雨宮さんに気づかれないようにわざとこんなダイイングメッセージを残したんです。」
俺がそう言うと雨宮さんがおもむろに口を開いた。

「名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く