名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜

耕一

第4話『雪女の正体』

「まず、この事件で使用された凶器はおそらく氷柱です。この別荘にはあちこちに氷柱が付いていますし、凶器が見つかっていないのもおそらくそれが原因です。それから被害者が残した"雪"というダイイングメッセージ。そしてこれが意味するのは」
俺が犯人の正体を言おうとした瞬間、小林刑事が口を開いた。
「や、やっぱり犯人は、ゆ、雪女なんですよ!!だ、だって被害者は"雪"って言うダイイングメッセージを残してますし、この山には雪女の伝説があるんですから!!き、きっと雪女が氷柱を使って大野さんを殺したんですよ!」
俺は呆れた声で小林刑事に言った。
「この世にお化けとか妖怪とか、そんなくだらないものいるわけないだろ。安心しろ犯人はお化けでも妖怪でもねい、ただの人間だ!!」
小林刑事は落ち着きを取り戻し、俺にこう言った。
「じゃあ犯人は誰なんですか?」
俺は少し間をおいて口を開いた。
「この事件の真犯人は……雨宮さんです!!!」
俺がそう言うとこの場にいた全員が雨宮さんの方を見た。すると雨宮さんは困惑した表情を浮かべてこう言った。
「何で私なのよ!!私以外でも犯行は可能なはずよ!
!」
俺は構わずこう言った。
「そうなんです。犯行は誰にでも出来たんです。ですが被害者に"雪"というダイイングメッセージを残させる事が出来たのはあなただけなんです。」

「名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く