名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜

耕一

第1話『捜査開始』

 俺たちが車から降りると、どこからか聞き覚えのある声が聞こえてきた。
「やぁ、待ってたよ。」
声の正体は小林刑事だった。彼は頭のキレそうな顔をしているが、実はマヌケなへっぽこ刑事で全く頼りにならないのである。
「どうも、小林刑事」
俺は軽く挨拶をして、小林刑事に案内されながら、別荘の中へ入った。
   「中は意外と広いんだね」
美穂が感心したように呟いた。確かに中は意外と広く、暖炉やシャンデリアなどがあり、おしゃれな空間が広がっていた。
「被害者が殺害されたの現場は、この部屋の隣にある書斎です。」
小林刑事が事件の概要を話し始めた。
「被害者の名前は大野美里さんで、この別荘の所有者でした。事件発生当時は夜の12時過ぎで、この別荘に来ていた被害者と被害者の友人合わせて4人が別々の部屋で過ごしていました。被害者の友人から一人ずつ事件当時の行動などについて話を聞きましたが、全員がそれぞれの部屋で過ごしていたのでそれを証明出来る人は誰もいません。」
俺は小林刑事の話を聞き、少し考えてからこう言った。
「なるほど、とりあえずもう一度その3人から話を聞いてみましょう。」
「はい!!」
小林刑事は無駄に元気な声で返事した。

「名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く