名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜

耕一

プロローグ

    凍えるような寒さの中、俺は妻の亜美ともうすぐ中学2年生になる娘の美穂を車に乗せ、雪の降り積もる山道を車で走っていた。なぜそんな事をしなければいけなくなったのかと言うと、俺が知り合いの刑事からある殺人事件の捜査を頼まれたからだ。
「こんな寒い日はコタツに入ってのんびりしてたいのになぁ。」
俺は不満げな口調でそうぼやいた。それを隣で聞いていた亜美が俺をなだめるようにこう言った。
「刑事さん達から事件の捜査を任されたってことは、あなたの推理力が認められたってことじゃない。ね、そうでしょ。」
「そうだよ。お父さんの推理力が頼りにされてるんだよ。」
美穂が続けてそう言った。俺の推理力が認められたということは、これ以上にないほど嬉しい事だが、正直認められて最初の事件がここでなくてはいけない理由が俺には理解出来なかった。
    しばらく雪に覆われた山道を走っていると、奥の方に小さな赤い灯りが見えた。
「もうすぐで着きそうね。美穂、降りる準備しておくのよ。」
亜美は優しく美穂に呼びかけた。灯りの方へ近づいていくと建物の像がうっすら見えてきた。その建物はおしゃれな作りではあったが、建物自体は小さなもので、あちこちに氷柱がぶら下がっていた。建物の前まで来ると、俺は建物の周りに何台か止めてあるパトカーの列の一番奥に車を止めた。

「名探偵の推理日記〜雪女の殺人〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く