ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!

葵里

誘拐

未だに動物の鳴き声一つ聞こえない。まるで、防音結界の中にいるようだわとふと思った。
…んっ?もしかして……

「もしや、先生が防音結界を張ったのですか?」

「いえいえ、私は生まれつき魔力共有量が少ないので、結界は張れませんよ。
それにしても、この状況で冷静に頭を回転させるとは。いやはや、流石病弱な令嬢とはいえ腐っても公爵家のものですね。」 

魔力共有量が少ないと言っていたときの先生の目は光を通さないんじゃないかと思うほど暗く淀んでいた。コンプレックスだったのだろう。生まれつきというものは努力しても悪い結果になる場合が多い。私も生まれつき身体が弱いからどうしようもない理不尽さに辛くなることはある。

…まぁ、皮肉ですわよね〜。

生まれつきというハンデをお互い背負いながら、片や、魔力が少なくてコンプレックスを感じ、もう片方は魔力が多すぎて身体が耐えられなくいつ死んでもおかしくない問題を抱えている。

……あら?私の方が結構深刻な問題だわ。
 
「しかし、お嬢様の考えは合っていますよ。確かに結界は張られているのです。」

「そう。…」

先生は私を"連れて行く"と言った。死んでもいいなら既に死んでいただろう。なら、生きていないとダメなこと。
それを考えた上で私を欲した理由は?
いくつか考えられるけど、公爵家としての人質的価値、もう一つは"器"としての価値……
もしくは……あのことか?

後者は、限りなくゼロに近い。私の病気のことを知っている人が極端に少ないからだ。

さて、一体どの理由でしょう?

「んっ?何も聞かれないんですね。普通なら襲ってきた理由とか、結界を誰が張ったのかとか聞いてくるものですけど。」

「だって無意味じゃない。結界を張ったのは貴方じゃないにしてもこの現象を知っているなら間接的であれど貴方も関わっているのでしょう?どちらにしても私とって望ましくないものでしょう?
襲ってきた理由は…まぁ、どうでもいいわ。
だって聞いたところでどうしようもないし。碌な扱いはされないだろうなってことだけよ。」

「………お嬢様、本当に4歳児ですか?下手な大人よりも賢いですね。」

「だって私、常にベッドの上にいるのよ。常に何か考えていないと暇で仕方がないわ。この体では抵抗もできないし、連れて行くなら早くしてくださる?」

「……本当に肝が座っていらっしゃる。……ソリューヴっ。」

サッといきなり目の前に現れたのは黒い人だった。
本当に真っ黒。髪は限りなく黒に近い紺色。父上様と同じ色。ただ瞳の色は紅色。カッコイイというより綺麗と言える顔。歳は20歳ぐらいかしら?

こちらを見て眉を顰める。眉間にしわを寄せると戻らなくなるわよ。

そんな顔されても怖くないわ。だって彼、私に興味なんてないもの。

「まだ、餓鬼じゃないか。本当にこいつ何だろうな?」

「信じられないのも無理はないがその方だ。さっさと連れて行くぞ。」

「ちっ…」

私を軽々しく持ち上げる。片腕にお尻をちょこんと乗せたような体勢になった。もっと米俵を担がれるみたいな体勢になるかと思ってた。

「ちょっと貴方っ!もう少し腕を体の方に寄せてもらえる?不安定だわっ」

「……連れて行かれることより体勢の不安定さの方が気になるのか。お前相当変わっているな。」

「はぁ、もういいです。行きますよ。」

それから数時間後帰りが遅いと心配したマーサを主導に森の中を捜索。
数時間後ビアンカお嬢様の物と分かる靴が発見された。

「ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • セン

    楽しく読んでます( ・∇・)♪
    続きが早く読みたいです!

    3
コメントを書く