ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!

葵里

異変

さてさて、現在私は愛馬、ロードに乗っております。動物と一体になり風を感じられるのは乗馬だけです!
動けるって素敵!
外って最高!

あら?いつのまにか先生を置いてきてしまったようね。
この辺りで先生を待ちましょうか。

「ロード、お疲れ様。少し休んでいいわよ。私が身体が弱いから、あまり貴方を走らせられなくてごめんなさいね…」

ロードのたてがみに顔を埋める。
ヒッン、フッン

ロードは気にするなとばかりに顔私の方へ向け鳴く。

突然ピタリとロードは動きを止めた。
周りを見渡すと動物も見当たらない。ここは森の中だ。動物の足音や鳴き声が"全く"聞こえないといのはおかしい。本来ありえないのだ。

何が起こっている?賊の侵入か?いや、それなら逆に動物達は逃げたり襲ったりする足音が聞こえるはず。
先生を置いてきてしまったが、そんなに遠くないはずであるし、この一本道を通りここにたどり着くのになぜこんなにも時間がかかるのだろうか?

…これはヤバイかしら?

逃げましょうか。

「ロード、悪いけど休憩はお終いね。嫌な予感がするわ。急いで屋敷に戻りましょう。」

崖の上から森全体を見回し異常を再確認する。
早く父上様にお知らせしなければ!

「いえいえ、お嬢様。その必要は御座いませんよ。これからお嬢様には私と一緒にきてもらいますからね。」

「あらあら、早い到着ですわね。せんせい?
私を欲しているのはこの"血"かしら?」

つい先ほどまで穏やかに会話しながら乗馬を習い、いつのまにか置いて行ってしまった"先生"がそこにいた。

「ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く