ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!

葵里

3歳になりました!

ビアンカは先日3歳になりました。記憶が戻ってから、約一年が過ぎました。3歳の誕生日は身内だけのホームパーティでした。父上様は仕事で来れなくてハロルド、トール、母上様、家の使用人に祝ってもらいました。

さて、このビアンカはとてつもなく体が弱かったことがわかりました。すぐに体調が悪くなり倒れる、熱が出る、ベットに出られない→ベットの住人と化していました。

今日もベットの住人で、窓から青い空が綺麗だな〜とぼーっとしていました。少し下を見ると、トールやハロルドが剣術を習っているようです。

私が転生したこの世界は剣と魔法なファンタジー世界です。そこの公爵家の人間として生まれた私はどうなるんだろうとふと思います。体が弱いので、子供が産めないため貴族の義務が果たせないので、結婚は難しいと思います。まぁ、第2夫人あたりならなれるでしょう。腐っても公爵家。王家の次に尊い家ですから、貴族の繋がりを求めての結婚はありそうです。

今世は体が弱くて好きなことができないのか…とがっくりくることもありますが、暖かい食事や家で生活ができているので文句はありません。少し残念には思いますが。

そんなことを考えながらボーっと空を眺めていると、コンコンとドアが鳴る。

「お嬢様、マーサにございます。ハロルド様がお越しです。」
「そう。わかりましたわ。兄上様をお連れして。」

そう!3歳になったので、大分発音がしっかりしてきたのです。最初は喋り方をもっと幼くしようかと思ったのですが、王家や公爵家などの高位貴族となると幼い頃から家族の話し方を聞いて育ち、乳母や執事、メイドなどの影響で成長が平民よりも早いのだとか(*廊下で話していた若いメイド達より)。3歳児でもはっきり喋れる子はいるらしいので安心してこの話し方にしています。

それにしても、兄上様が私に会いにくるなんて珍しいともあるものね。

「私だ、ハロルドだ。失礼する。ビアンカ、今日も体調が悪いそうだな。長兄様が今晩帰ってくるから準備をしておけ。」
「承知しました、兄上様。態々足をを運んで頂き有難うございます。」

ハロルドは、マーサに何か話した後、部屋を出て言ってしまった。もう少し話していたかったなぁ、と溜息をつく。相変わらずハロルド兄上様は私が嫌いなようであまり話すらできない。トール兄上様は、最近は剣術にハマって私に会いに来なくなってしまった。まぁ、小さい子はそういうものなのでしょうと26歳の「私」は思うが、3歳の私は寂しいと感じてしまう。
マーサは、私が具合が悪く伏せていると泣きそうな悲しそうな顔を無理やり笑って話しかけてくる。なんだか、申し訳なくてマーサに話しかけることも少なくなってきた。母上様も父上様も仕事で忙しいので殆ど会うことはできない。父上様にお会いしたのだって、ここ一年で3回だけよ。普通の子供なら、この人誰状態だと思うわ。

長兄上様に会うのは2回目ね。カッコいいというより綺麗があってるような人だったわね。

また、窓から見える空を眺めながら思考を飛ばしていた。そんな私を見てマーサが悲しそうな顔をしていることに気がつかなかった。

「ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く