ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!

葵里

初めて会う父上様

ひたすら絵本を読んでもらい、この世界の字に慣れ覚え始めた頃にトントンとドアを叩く音がする。

全く今いいところなのに一体誰が来たのかしらと首をかしげる。横でマーサがホッとして嬉しそうなのは気づかなかった。

「お嬢様、セバスにございます。旦那様がお帰りになられました。玄関ホールへ参りましょう。」

あら、もうそんな時間だったのね。なら、待たせるわけにもいきませんし、すぐに参りましょう。

「はい!父上様をお迎えしましゅっ!」

マーサ、セバスと共に廊下を出ると、ハロルドが居た。

「遅い。いつまで待たせる気だ。全く…」

壁に寄りかかりながら腕を組み此方を睨みつけている。そんなに待たせたかな?と思いつつ、謝っておいた方がいいだろう

「おまたせしました、ハロルドお兄しゃま。」

と頭を下げると、なぜか顔を歪め余計にイライラしているように見える。本当に何が気に入らないんだ?とおもいながら玄関ホールに向かう。

先にいたのは、母上様とトール兄様。母上様はニコニコして嬉しそうで、トールお兄様は楽しみで仕方がないのかそわそわしている。

「あらあら、ハロルドと一緒に来るなんて珍しいわね。」

いや、初めてなんですが…

「別に。セバスがついでに寄ってもいいかと聞いてきたから許可しただけだ。」

とふんっと顔を横に反らしながら言った。

玄関のドアが開き、美丈夫が入ってくる。黒紺の髪にアメジストの瞳、ツリ目で目が切れ長のせいか冷たく感じる。無表情で淡々としてセバスと話している。

「おかえりなさい、あなた。帰ってくるのは久しぶりね。右からハロルド、トール、ビアンカよ。大きくなったでしょっ!」

と笑っている母上様を見て、父上様は雰囲気を柔らかくし口角が上がる。母上様に近付き抱き寄せる。

「今帰った。息災であったか?子も大きくなったものだ。」

とハロルドとトールの頭を乱暴に撫でる。トールはキャッキャッして喜んでいるが、ハロルドはブスッとしている。しかし、顔や耳が赤くなっているから照れ隠しだろう。やはり、久しぶりに父に会えたのが嬉しかったのだろう。

「「父上おかえりなさいっ!」」

ハロルドとトールは嬉しそうに父上様と話そうと一生懸命だ。ハロルドも子供らしいところがあって微笑ましい。

「あぁ、今帰った。して、こっちにいるのがビアンカか?」

父上様が此方に目を向ける。

「はいっ!ビアンカでしゅ。2しゃいになりました。おかえりなしゃいませ、父上しゃま」

といい、頭を下げ、顔を上げると無表情な綺麗な顔が近くにあり驚く。

「そうか。早く部屋に戻りなさい。」

といい、母上様とスタスタと行ってしまった。
ハロルドやトールには頭を撫で口角が上がっていたのに、私には無表情で早く部屋に戻れなんて酷すぎないかしら!?私そんなに嫌われておりますの!?

トールは私の頭を少し撫で、ハロルドは先に部屋に戻ってしまった。私、ハロルドと父上様になぜ嫌われているのかしら?と疑問に思いながら部屋へ戻った。

「ビアンカ嬢の波瀾万丈異世界生活っ!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く