異世界転移した少女が幸せになる物語

ててて

3 手紙と少年

前回までの簡単なあらすじ☆

「女神様にキスされてら気づいたら異世界」




「ここどこ・・・」

本日二回目の迷子です。どうしたもんかと立ち尽くす。
すると、頭に文字が浮かんだ。

「ディスクリプション?」

すると、目の前に突然緑に光る筒型で紐で結んである紙が出てきた。

「っわ!びっくりしたー!」

紐を解いて中を開く、すると女神様?からの手紙みたいなものだった。



アリアさんへ

あなたには私の加護を与えました。あなたを転生させた世界では苦労しないほどの魔力も体力、魔法適性やその他諸々もです。こちらの手違いで色々と巻き込んでしまい本当に申し訳ありませんが、ぜひその力を使って思う存分幸せに生きてください☆

あ、簡単な説明ですがそっちの世界のお金の単位は円ではなくコルです。1円=1コルになります。
あと、魔法はやりたい事を想像して指パッチン☆すれば大抵なんでも出来るので試してみてくださいね。

P.S さっき気づいたのですが、アリアさんの送った世界は黒色が不吉な色と言われ迫害を受けるので髪はギリギリ大丈夫かもしれませんが目の色は変えた方がいいですよ!




女神様って絶対どこか抜けてる天然系だ。そして、何故か憎めない人かもしれない。

「髪の色って・・絶対苦労するやつでしょ。この世界。もうー!なんなんだよー!!」

「うるっさいな!さっきから何だよ!」

思いっきり叫んでいたら近くで寝そべっていたらしい人が怒ってこちらを向いた。

「ご、ごめんなさい。人がいるとは思わなくて・・」

「ん?ってかなんでこんな所にいるんだ?今、ここは人が来ないはずなんだが・・」

それは女神様によってここまで飛ばされてきたからですぅっと言ったら伝わるだろうか。と考えこむ。

(というか、この人イケメンだな。モデルにいそう。)

じっと彼を見つめる。すると、彼も私を見つめていた。詳しくは私の髪を。そして彼は私の髪を一房とる。

「・・・なぁ、これって黒か?これって産まれつき?それともなんかの病気?って目も黒なのか?」

そして、ぐいっと近づいて目を覗き込んでくる。

(あ、そういえばこの世界では黒って不吉なんだっけ?あれ?でもこの人も黒じゃん)

「いいえ、髪はグレーよ。光に当たると分かるわ、目は黒だけど。両方産まれつきよ。あなたも産まれつき?」

「・・・あぁ、まぁな。そうか、産まれつきなのか。俺も産まれつきなんだか・・ほら、この世界黒を嫌うだろ?悪魔がなんとかって。そのせいで俺は実に親に捨てられたんだ。まぁ、そのおかげで今の親父に会えたんだがな。」

そんな風に生い立ちをまるでイタズラをする少年のように笑って話す。

(やはり、黒は嫌われるんだな。でも、悪魔?の話は知らないけど)

「そうなのね。私の世界じゃ、黒が当たり前だったからあり得ない話だわ。逆にみんなと違う髪色だからと距離を置かれるくらいなのに・・・」

「私の世界・・・?どういう事だ?というか、さっきの話の続きだが、どうしてここにいる?もしよければ教えくれないか?困ってるなら助けられるかもしれない」

初めて出会う人にこんなことに巻き込んでいいのかとも思うがさすがにこれからどう動けばいいのかあまり分からないので頼ることにした。そして、今日あった事を彼に話す。

「異世界転移した少女が幸せになる物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く