話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

最終話

「それって、つまりは、今の私達は浦島太郎みたいになってるかもしれないってこと??」

「……当たらずとも遠からずだな。
まぁ、そんな感じだ。」

「でも、でもさ、お兄ちゃん。
時間が経ってるかもしれないって、それって……!!」

「あぁ、それはつまり、俺たちの知っている人、風景はなくなってしまってる可能性がある。」

「そんなっ……!そんなの、あるわけ、ない!!そんなのいや、だよ……?」

そう言い、凛は洞窟の先へとふらふらとよろけながら歩き始めた。

「おい、凛!1人で先に行くなっ」








「それで、それでっ?一体私たちはどーなるの??」

「それでな、俺達は元の世界へと帰ることが出来たんだよ。」

「えー、なんかつまんなーい。
しかも、私がふらふらとどっか行って、
そのあとどーやって元の世界へと帰れるのー??」

凛が鳥居をくぐり、くるくると回りながら言う。

「つまんなくて悪かったな……
どうせ、俺はつまんないですよー
まぁ、そこんとこはあれだ、凛の想像力がためされるところだな!!」

「あぁぁあっ、ごめん、ごめん、!お兄ちゃん!謝るから拗ねないで!」

「……ははっ、嘘だよ、凛。
こんなことで拗ねるわけないだろう??」

「……もう。お兄ちゃんの嘘はほんとに聞こえるから困るなぁ。」

「悪い悪い。」

「でもさぁ、さっきのお兄ちゃんの作り話。  。   。だけどさぁ……」

「うん?」

「それだと、ユアン達はどうなっちゃったの??その世界は??」

「……さぁ?所詮ただの作り話さ。
ユアンや、あの世界のことは気にする必要はない。」

「そぉかなぁ?私はすっごい気になるけど……」

「……なんで?」 

「えー?だってさ、多分だけど、
それだと、ユアンはきっとユアンの住んでた世界を救って欲しかったんじゃないかなぁ?
でも、自分たちじゃどーにも出来ないから、
助けを求めたってことじゃない?」

「……仮にそうだとしても。
いや……だからなんだと言うんだ?」

「いや別に何って言う訳でもないけどさー
素直に助けを求めればよかったのにねーって
思ったんだよー」

「……それが出来れば人間、苦労しないさ。」

「確かにそーかもねー」

なんだか途端におかしくなってきて、
不思議と笑いが込み上げてきた。

俺と凛の笑い声が混じり、この日、長い祭りの夜が終わった

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 未完ちゃん

    教えて頂きありがとうございます!(><) 嬉しいです(๑•̀ •́)و✧

    0
コメントを書く