世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第49話 転

「お待たせしましたー!
メガ盛り!肉盛!てんこ盛り!3つです!
失礼します」

「いただきまーす!」
「いただきます。」
「いただきます」

…………やばい、調子に乗ってリンと同じ量にしたらとんでもない量の肉がきてしまった。
いや、食べれる。食べれるんだが…………
これ、しばらく何も食べたくなくなりそう……





1時間後……

「はー美味しかったー!!なんといっても、あの肉についた脂といい、歯ごたえといい……
もう最高!」

「良かったな、リン。」

「それにしても結構な量と金額でしたね……」

「あぁ……それに、もう、食べ物を見ただけで吐きそうだ。」

「えっー嘘でしょ、ゴウ?
いつからそんな少食に??」

「いや…俺が少食になったんじゃなくて、お前が大食いになっただけ……」

「ユアンはどっちだと思うー?……ってあぁ!!
なんか、もう先に行っちゃってるし!!」








「ただいま〜!」

シーン……

「あっそっか…!
サミーさん、居ないんだった。」

「寂しいのか?」

「少し、ね!」

「明日、儀式が無事終われば、会えますよ。」

「そっか!ユアン、頑張ってね!」

「えぇ……。
あ、そうそう、言っていませんでしたが、リンさんとゴウさんには、明日、
私の補佐をして頂きます。」

「補佐?具体的には何をすればいいんだ?」

「補佐って、あんまり得意じゃないよ?私」

「補佐と言っても、私の魔力が足りなくなってしまった時、お二人の魔力を少し頂けたら、ということなので、あまり重く考えなくていいですよ」

「そうか、それなら俺達のでもできるな」

「だね!」



次の日

「古の約束より、今日この時ここに宿命の契りを交わし、来る時まで、我らが民を守りたまえ。
盟約に従い、ここに契る。」

ゴォォォォォ!!!!
バシューーン!!!

「うっ!」

「ま、まぶ、しい」

それに何だこの感じ……
なんだ。これは……
この映像
……いや、風景は見たことが無い。
これは俺とリン……?

「うっ、…!」

お兄ちゃん、待ってよ〜!
置いていかないで

お兄ちゃん、俺が?何を言ってるんだ?俺はリンの兄なんかじゃない……

??
何だ、頭が割れるように痛い、これは何だ????
いつの、話だ……??
何だこの踊り、音色、……神楽?

??この世界は魔法がない?
この世界、知らないはずなのに、なんで懐かしいんだ?
なんでこんなに帰りたくなるんだ。





思いだした……




そうだ、俺は、ユアンとサミーさんに、話を盗み聞きしているのがバレて記憶を消され、
新しく記憶を植え付けられたんだ。


そう、だよ。

リンは……いや、凛は、俺の妹だ。
俺達はこの世界の住人なんかじゃない。
凛を連れて、にげ、なきゃ……!!
ユアンから……
いや、異常な、この世界から……!!!

「凛っ!!」

「……」

「凛、どこだ?凛っ!!」

「おにぃ、ちゃん……?」

「凛っ!?」

気がつくと目の前に凛が座り込んでいた。

「行くぞっ!」

「え??行くって一体どこに……?
っわぁ!」

凛を無理やり立たせる

「ゴウさん?リンさんっ!?」

「っ!!いいから行くぞ、凛!」

「っ分かった!お兄ちゃん!」



無我夢中で、母に貰ったペンダントを手にすると不思議な洞窟に辿り着いた。

「お兄ちゃん、ここどこ……??
私達は一体???」


「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く