世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第48話 ジャックケウク

コツン。

「おぉ、、!」

「、、、っやった叩けた、、!!
、、良かった〜、、」

「お疲れ様です、リンさん。」

「よかったな、リン。」

「うん!なんか、どっと疲れたような気分、、、。」

「まぁ、結界はって、魔力使ったんだから、そりゃあ、疲れるだろうな、、、。」

「帰りに、コガン街で食事でもして帰りましょうか。
サミーも今日は、用があって帰らないと言っていましたし、、。」

コガン街とは、一般人はもちろん、商人や職人などが様々な者がいる町。
コガン街の飯はうまいと評判だ。

「本当ー!?やった〜。楽しみ〜!」

「リンさんとゴウさんは何を食べたいですか?」

「俺は別になんでもいいかな。リンは?何食べたいんだ?」

「うーん、、なにか、スタミナのつくもの!!」

「そうですねぇ、コガン街のスタミナのつくものが食べられる飲食店と言えば、、、」

「ジャックケウクとかじゃないか?」

ジャックケウクでは、肉料理などを食べることが出来る。
肉大好き人間のリンなら、1度は行きたいであろう、店だ。

「いいですね、あそこは特に美味しいと評判ですし。」

「肉っ!?」

「はい。」
「あぁ、肉だ。」

「やった〜!何食べよ、何食べよう〜!!」

「ユアン、あそこって予約とかあったっけ?」

「いえ、行った人から中に通していく仕組みだったと思いますよ。」

「えーー。じゃぁ、早く行こっー!」

「そうですね。」
「転ばないように気をつけろよー、リン。」

「分かってるー!」

どてっ


「転んだな。」

「転びましたね。」

「、、、なにか、言った?」

「いえ、別に。」

「そっ、そんなことより、早く肉!肉食いに行こう、リン」











「チリンチリーン」

「いらっしゃい!何名様?」

「3人です。空いてますか?」

「ちょっと待ってくれよー……
おうおう、カウンターなら、丁度3つ空いてるよ!
テーブルがいいなら、ちょっと待ってくれよ?」


「カウンターでもいいですか、リンさん、ゴウさん。」

「あぁ俺は平気だ。」

「早く食べたいから、カウンターでいいよー!」

「カウンターで大丈夫です」

「OK!それじゃ、案内するぜ。」


「飲み物はどうする?」

「飲み物……俺は水で。リンとユアンは?」

「水でいいですよ」

「2人が水なら水にしようかなー」

「お冷3つ下さい」

「はいよー。食いもん決まったら、呼んでくれよ」














、、、、、→…………
に変えます…!





「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く