世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第47話 魔力回復薬

「もしかして、魔力が足りてないんじゃないか、、?これを飲め。今日の朝、サミーさんが僕に渡してくれたものだ。」

「サミーさん、が?これ、、もしかして、魔力回復薬、、?」

俺が今リンに渡したのは、ある緑色の液体の入った透明の瓶だ。
そして、中に入ってる緑色の液体の正体は、サミーさんが直々に作った魔力回復薬。
なんでも、リコの葉を葉を煎じて、呪文を唱えて、作るらしい。
効果は抜群だが副作用が、、、
なんだっけ、、?なんかっていってたな、、。
まぁ、飲むのはリンだし、、回復薬の副作用っていっても、大したことはないだろう。
多分。おそらく。

「あぁ。サミーさんが自分で作ったらしい。魔力が足りないのが原因なら、それ飲んでもう一度やればいいだけの話だ。」

「そっか、、そうだよねー。とりあえず飲んで、試してみよー。」

キュポッという音とともに、液体の匂いが漂う。
なんか、、くさい。
あれだ、、あの、、スカンクの屁の匂い。
いや、嗅いだことは無いけど、イメージはそんな感じ。

「、、、これ、失敗作とかじゃないよね??」

おいおい失礼だろ、、。まぁ気持ちは分かるけど、、、

「ほら、、良薬は口に苦し。って言うだろ?」

「、、この場合口じゃなくて鼻の気がする。」

つべこべ言いながらもゴクゴクと飲むリン。
どうやら味は大丈夫らしい。
平気な顔をして飲んでいる。

「ふぅ、、、匂いはともかく、味は大丈夫!」

いや、その報告いらないだろ、、

「それじゃ、いっちょやってみますかー。」

その言葉と同時に、再びリンは試みる。
そして、いよいよペンダントを叩く、、

「よし、、せいやーーー!!」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く