世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第46話 宿命の碑

この手順だってそうだ。
ユアンに教えてもらった訳でもないし、宿命の日についての記述書を読んだ訳でもない。
なのに、なぜ出来ているのだろうか。
ズキッ、、、

「っ、、、」

「、、ゴウさん?どうかしましたか?」

「いや、、悪い、なんでもない。」

「そうですか、、?」

頭が傷んだが、それはほんの一瞬のことで瞬きを終えた頃には収まっていた。
清水の影響だろうか?
リンとユアンはなんでもなさそうにしているが、、。
まぁ、、言うほどのことでもないし、、、
大丈夫だろう、、、。
これから、宿命の碑にペンダントを備え、結界を貼らなければいけないし。
宿命の碑というのは、こういう準備や、明日、ユアンがする魔法がいまいちで、効果を発揮できず、漏れてしまった災害を封じるための石の塊だ。
だが、宿命の碑に、災害を封じるためには、ペンダントを核とし、結界をはる必要がある。

「ゴウさん、ペンダントを。」

「!ああ。」

俺の血が入ったペンダントをカバンから取り出し、宿命の碑の前にある、小さな平べったい石におく。

「それじゃ、やるよー。
とばっちりくらいたくなかったら、離れて離れてーー」

「ああ」

もちろんとばっちりなんかくいたくないので、即座に離れる。

宿命の碑にそっと手を置き、結界を張るための呪文を唱える。
唱え終わると、ペンダントの血の入った部分を二度叩く。
それで結界を張るのは終了だ。
、、、、、終了のはず、、だった。

「わわっ、、なっなに、これ、、!!ペっペンダントを叩けない、、、!」

そんなことがあるはずがないと思いながらも見てみると、確かにリンがペンダントを叩こうとすると、それに応じて結界が現れている。

「なぜ、、、?ここまでの手順は間違っていない、、!なぜ、??」

「ユアン、、落ち着け。リン。呪文はちゃんと
言ったのか?」

「うん、、言ったよ、ゴウ。
なのに、、どうして、、、、?」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く