世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第44話 一年後


トントントントン

「ゴウさん、朝ごはんが出来ましたよ。
起きてください」

「んん、、、」

ぼやぁ、、、

「ふぁぁ、、おはよう、サミーさん。」

「はい、おはようございます。リンさんは、もう起きて席についていますよ。」

「分かった、顔洗ったりしたらすぐ行くよ、、、。」

「ええ」

あーーねむっ。
トントントントントントントントン
階段を降り、洗面所へと向かう。
バシャバシャ。フキフキ。
ん、、?
カレンダーの日付が変わってないな、、
ペラッビリビリッ。

77月76日。

明日は77月77日。
7が揃う、宿命の日。
今日は、来るべく宿命の日に向けての準備をする日だ。
そのために、今日は朝ご飯を食べる。
いつもは昼まで寝ていたり、朝ご飯を抜いたりしているけど、今日は朝ご飯を食べる。
食べなければ、生死に関わるようなことがこれからあるから。
リビングに向かうと、リンは既に椅子につき、食事をしていた。

「あっゴウ、おはよう。」

「おはようございます、ゴウさん。」

「おはよう、リン、ユアン。」

「明日はいよいよ宿命の日ですね。」

「ああ、そうだな。」

宿命の日。
その日は100年に1度大災害が起こる。
宿命の日は、その大災害を退ける日。
そして、その大災害を退けると、
世界のどこかで特殊な赤ん坊が生まれる。
その赤ん坊は、この世界で生まれるかもしれないし、異世界で生まれるかもしれない。
その赤ん坊を探し出し、
力の使い方を教えるのが、俺とリンの仕事だ。
なんでも、不思議なことに、
俺とリンは赤ん坊がこの世界で生まれたのか、異世界で生まれたのかが分かるらしい。

「ああ、そうだゴウさん。」

「?なんだ、ユアン。」

「宿命の地に持っていく、ペンダントにあなたの血を入れましたか?」

「ああ、もう入れた。」

宿命の日に備え、
俺とリンとユアンは今日、宿命の地という、
神聖な場所に行き、血入りのペンダントを置いておかなければいけない。
そうしないと、赤ん坊の持つ特殊な力に異常が発生する可能性があるらしい。
例えば、本来は光の属性の魔法だったのに、闇属性の魔法に変わってしまったり、
力が大きすぎて制御出来なくなったり。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く