世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第42話 腹の傷

「ユアン、、」

「はい、?」

「その、、腹の傷、どうしたんだ、、??」

ユアンの腹にはでかい古傷があった。

「えっ?ああ、これですか、、。これは、、」

「騎士だった時に、裏切られてついた傷ですよ。」

「裏切られた、、?」

「ええ、、あまり気持ちのいい話ではありませんので、、、あまり話たりはしないんですが、、」

「もしかして裏切られた人って、いま、ユアンを追っているやつらか、、??」

「、、、ええ、そうです。、、、この話は、リンさんもいる時でいいですか、、、?」

「ああ、それでいい。」

そうしないと二度手間だしな、、、。

「ありがとうございます」

、、、、、

、、、、、

やばい、、のぼせてきた。

ザバァァァ

「ユアン、僕は先にあがるよ」

「分かりました、私はもう少しつかっています。」

ガラッ
タオルで身体を拭き、寝間着に着替える。
リビングに戻ると、既に食事は綺麗に片付けられていて、凛が机に伏せて寝ていた。

「すー、、、すー、、、」

「あら、、ゴウさん、お湯加減はどうでしたか、、?」

「よかったよ。凛は、、、」

「寝ちゃったんです、、ゴウさん、よかったらリンさんを、部屋まで連れていって寝かせてくださいませんか?」

「ああ、、なんか悪いな。部屋まで連れてくよ、、、」

確か、、部屋は二階だったよな、、
トントントントン
凛を担ぎながら階段を登り、二階の部屋にいく。
ガチャ
ポスッ。
凛をベットにおろし部屋を出た。
トントントントン

「ユアン、、どういうつもりなの?あの二人を巻き込むつもりなの?」

ん、、、??何を話してるんだ、、?

「サミー、、、情でも湧いたか、、??」

「、、、そんなんじゃないわ。ただ、、」

「ただ、、、?」

「、、、あの子に似てるなって思っただけ、、。」

「ああ、、、。そりゃそうだろうな、、。
あれは、、おそらく記憶をなくしているだけだ。」

「、、、えっじゃあ、あの子、、、。
でっでも、ネニメアは試したんでしょう!?」

「ああ、、、ネニメアじゃとけないんだろうな。ただの記憶喪失か、、あるいは、、、」

「もっと強力な魔法か、、?」

「ああ、、だろうな。」

「そう、、でも、なら尚更何故巻き込むの?
しかも、聞いた話じゃ、あなたの護衛を頼まれたって言ってたし、、、。」

「、、、記憶をなくしてるとはいえ、、持っている能力は大して変わらないはずだ。
もう一度、力の使い方を教えれば、、
今度こそっ、、!」

「ユアン、、、感情的になるのは良くないわ。
分かってるでしょ?そのせいで4年前は失敗したんだから、、、。」

「、、悪い。分かってる。同じ失敗は繰り返さない。」

「ならいいわ。でも、、覚えておいて。力の使い方を教えるのは構わないわ。だけど、、
もしも、リンに怪我させたらタダじゃおかないわ。怪我させたら、私は絶対に、あなたに協力しないからね。」

「ああ、、、」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く