世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第40話 騎士の最低基準

えっ、凛が早く言えみたいな感じでみてくる、、、

「りっりんご?」

「ゴリラ」 

「ら、、ラッパ」

「パン!」

始めるスピードと終わらせるスピードが早いんですけど、凛さん!?
そして、その後即水晶を確かめるの面白いからやめて。
まあ、いいや。とりあえず僕も少し寝よう、、、



剛が寝ている時、、、


「やった〜!レベル3!次は、、、」

【洋服を着替える】
、、、なんか面倒だから、後でしよう!!
お兄ちゃんはなんだったのかな、、ってあ!

「お兄ちゃん、、、いつの間にか寝てる、、」

「ふふっクエストは、寝るって言ってましたしね。」

そう言ってサミーさんが、お兄ちゃんにブランケットをかけた。

「そういえばそう言ってたね〜忘れてた☆」

あちゃーお兄ちゃんの邪魔してたってことかー
ま、お兄ちゃんだし、許してくれると思うけど、、
一応起きたら謝っておこう、、、!!
あっそういえば、、

「ユアンと、サミーさんはどれくらいのレベルなのー?」

「そうですね、、私は、レベル上げには疎くて、、、確か、、45、6だったと思いますよ」

えっ!サミーさん、結構ある、、!

「私は、、、秘密です」

えっ、、ユアンが教えてくれない、、!!

「ちなみにですね、リンさん」

「うん?」

「ユアンは元騎士というのはご存知ですよね?」
「うん。知ってるよー!もしかしてそれと何か関係があるの?」

「ええ、まず、騎士と言っても、3段階に分けられます。初級騎士、中級騎士。
そして、初級騎士になるには、まずレベルが45はないといけません。」

「えっそうなのー!?じゃっじゃあ、サミーさん、なろうと思えばなれるんだね、、、」

「ええ、そうですね。そして、騎士になるには、、、最低でもレベル60は必要です。」

「最低でも、、60てことは、ユアンはレベル60以上ってことなの、、?」

「ええ、そうですよ。」

「へぇぇ、要するにめちゃくちゃ強いんだ、、!」

「そこまで強くはありませんよ?せいぜい、護衛をしたり警備をしたり、指示を出したりというところですよ」

「え、それでも凄いとおもう、、!」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く