世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第39話 レベル上げ

『、、、、』

カチャカチャカチャカチャ
やがて誰も、一言も話さず
フォークとスプーンが、皿に擦れた音しかしなくなった

「、、、あの、、」

「?どうしたんですか、サミー」 

長い沈黙に痺れを切らしたのか、サミーが沈黙を破り、申し訳なさそうに、声を出した

「どうしたのー?」 

「、、、」

「リンさんとゴウさんは、どのような武器を買われたのですか?」

「えっとねー、剣と魔法銃にしたよー」

「僕は、剣と魔法銃、それに魔法杖を買ってもらった。」

「そうなんですね、水晶は買いましたか?」

「うん!」

「ああ、、」

「それで、次のお題はなんでしたか?」

お題、、?
まさか、あの水晶を買うレベル1→レベル2
のことか?
そういえば買ってもらうだけ買ってもらって見ていなかったな

「あっもしかして、まだ見ていませんでしたか?」

「ああ、、、」

「そういえば見てなかったなー、、サミーさん、ちょっと見てみてもいい?」

「ええ、もちろんです」
凛、、食事中なんだが、、、
まあでも、当のサミーは気にしてないからいいのか、、、?

「よいっしょっと」

凛はわざわざ自分のだけでなく、僕の分の水晶も持ってきてくれた

「ああ、悪い凛。ありがとな」

「へへっどういたしまして〜」

にしても、凛さん、、、力が強すぎじゃない、、、?
腕力半端ないって、いやまじで。
凛の力って何でもありだよな基本。
握力、聴力、視力、筋力、腕力、etc......
本気になれば、簡単になんでもこなせる。
本人にやる気があればの話だけど、、、。

「さーて次は何かな〜」

ポンッ
僕も凛にならい、
ポンッ

「ほうほう〜次はこれですかぁ、、、」

「、、、こんなことでいいのか、、、」

水晶には、
【寝る  レベル2→レベル3】
と書いてあった
次は歩くとかきそう、、、

「なんと書いてありましたか?」

「えっとねー、私は1回誰かとハグって書いてあったよー」

「僕は、寝ると書いてあった」

「ハグって誰とでもいいのかな?、、、んー、特に書いてないからいいのかなー?ちょっとやってみよっと」

そう言って凛は僕にハグしにきた

「これでいいのかな?」

「見てみたらどうだ?」

「うん、、、」

僕も、少しの間だけでも、寝ればいいのか、、? 

「おっOKみたい、、!なになに、、次は、、しりとりをする、、、」

「しりとり、、」

「しりとり!」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く