世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第38話 食事

ユアンの家に戻った僕達を迎えたのは、
ユアンの従兄弟のサミーだった。

「おかえりなさい、皆さん。」

ドアを開けると、アップルパイの甘い匂いと美味しそうなご飯の匂いが漂っていた。

「いい匂いですね、サミー」

「当たり前でしょう、ユアン。さっ、皆さん手を洗って食卓についてくださいね。」

「はーい!」

「ああ」

ユアンに案内してもらい、手洗い場に行き、
食卓に戻ると、、、、
食卓は、豪華な食事でいっぱいだった
ローストビーフや、スパゲッティ、グラタン、ハンバーグ、トマトが可愛らしくトッピングされたサラダなどなど、、、

「うわぁ、、美味しそう、、!!いっただっきまーす!」

凛は、料理を見て素早く席につき、平たい白の皿に、ハンバーグ、ローストビーフ、ウィンナーなど肉系をてんこ盛りにし始めた。 
あの勢いだと、先に食い尽くされそうなので僕もそうそうに席につき、

「いただきます。」 

といい、皿に、料理をのせていった。
そのついでに、コソッとサラダを凛の皿に入れたり。
そして、僕がそろそろ食べようか。と思って食べ始めた頃には凛は皿にのせた料理を半分以上食べ終わっていた、、、。
そして、そんな凛の様子をニコニコしながらサミーが見ていることに気がついた。

「?サミーさんは、食べないのか?」

「ゴウさん、、ええ、私は大丈夫です」

「そうか、、」

ダイエット、、かな?
まあ、本人が食べないって言っているんだから大丈夫だろう。
ユアンはどんな感じなんだろう
元騎士と名乗ってるぐらいだし、品はありそうだが、、、
チラッ
ユアンは、まるで、映画などに出てくる貴族のような食べ方をしていた。
ていうか、、、ユアンの皿甘いもの以外がのってない、、、
見てるだけでも気持ち悪くなりそうだ、、。

「ユアンって、以外に甘口なんだな」

「?ええ、私、甘い物と、味付けが薄いものの方が好みですね」

「そうなのか、、僕は逆だな。甘い物は全く食べれないし、味付けも、濃い方が好みだな、、」 

ゆえに今、僕の皿には、味付けの濃い料理ばかり乗っている 

「そうなんですね、リンさんはどうなんですか?」

「えっ?」

突然話の流れが凛の方に向き、凛がマヌケな声を出した

「私は、、、美味しければそれでいいからな〜、、、特に好みはないよ〜」

それってただ食い意地張ってるだけじゃ、、、 

「そうなんですね、好き嫌いなく、食べるのはいいことです」

「好みのものばかり食べすぎると、体に悪いこともあるしな」

「ええ、、、」


「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く