世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第37話 レベルの知り方

「凛、、?」

「なに?お兄ちゃん」

おそるおそる名前を呼んでみた。
返事をして、こちらを正面から見る凛の顔はいつも通りの顔だった。
さっき見たのは気のせいだと思いたくなるくらいに。

「そろそろ、行こう。買う武器は決まったのか?」

「うん!剣と魔法銃にすることにした!お兄ちゃんは?」

「俺も剣と、魔法銃、それと、魔法杖かな」

「わーいお揃いだねっ!」

「ああ、、」

あっ!ていうか、、、

「ユアン、、、」

「なんですか、ゴウさん。」

「聞きたいんだけどレベルってさ、どうやったら、上がるんだ?」

「レベル、、ですか?」

「ああ、、、さっき魔術書を使っている時に、レベルが足りないから、読めないページがあったんだ、、」

「ああ、、、レベルは、そうですね、、」

そう言ってユアンは鞄から、水晶を取り出した

「この水晶を軽く叩いてみてください」

「ああ、分かった。」

叩いて割れたらいやだな、、、
ポンッ
僕が水晶を叩いた次の瞬間、そんな音とともに、煙が出てきて、そこに数字が浮かび上がっ


「そこに書いてある数が、ゴウさんの現在のレベルですよ。あっちなみに、叩いた数字は、本人以外には見えませんので。」

そうなのか、、、それはなんかありがたいな。
それじゃ、どれどれ、、、
1、、、
やっぱそうだよな、分かってはいたけどショックだな。

「数字の下に、文字が書いてありませんか?」

「文字?」

慌てて見てみると、そこには確かに文字が書いてあった。
【水晶を買う。レベル1→レベル2】

「なんて書いてありましたか?」

「水晶を買うと、レベルが1あがると書いてあるけど、これ、、、」

「なら、水晶を買いましょう。リンさんの分も」

「えっいいのー?ありがとう〜」

「どういたしまして」

「あの、、ユアン。」

「はい?」

「水晶を買ってくれるのはありがたいのだが、、こんなことでレベルって簡単に上がるものなのか?」

「ええ、はじめの頃は簡単に上がりますよ。」 

「そうなのか、、ありがと」



かくして、僕と凛はユアンに武器と水晶を買ってもらい、ユアンの家へと帰った。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く