世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第36話 マッチョVS凛

レベル1、、!
これは相当やばい気がする。
どうやったら、レベルが上がるんだ、、、??
、、、、モンスターを倒す?
いやいやそもそもここにモンスター何ているのだろうか。
ミッションをクリアして経験値を貰う?
ゲームじゃないんだし、そんなわけがないか。
、、、分からないな。
後でユアンにでも聞いてみるか。
それよりも、魔術書の使い方は分かったが、水晶の使い方が分かんないんだよな、、、
誰か使ってる人いないのか、、、?
辺りを見回してみても、使ってる人はなかなかいない。
仕方ない、、、
ここは諦めて、ユアンに聞こう

ドアを開け、外に出た。さっきまでの騒がしさが嘘のように静かだった


といきたいところなんだが、、、
なんだこの状況。
炎天下の中、むさ苦しい男共に見守られながら、魔法を使って勝負をしている者が2名いた。
1人はさっき僕に魔術書の使い方を教えてくれた男で、もう1人は、、、、

「凛っ、、、!」

「あれ、お兄ちゃん?何ー?」

いやいや、何ー?じゃない!

「お前 、、、そこで何してるんだ?」

「見ての通り。勝負してるの〜」

そんなことは聞いていない、、、
「いや、なんで勝負しているんだよ?」

「えー売られた喧嘩は買うのが礼儀だもん〜」

は?売られた?あのマッチョに?

「ゴウさん」

「ユアン、、これ、どういう状況なんだ?」 

「ああ、これはですね、あの男が凛さんのことを、か弱い兎扱いしまして、それに切れた凛さんが本当にか弱い兎かどうか、勝負しろって言い始めて、それで、、こうなったんですよ」

ああ、、、、納得。
凛は力が強すぎるから、それで変な自信が付いて、小さい頃からか弱いって言われるの大嫌いだもんな、、、。
ついでに、あいつの苦手動物ランキング1位が兎で、2位が猫だし。
ていうか、喧嘩売ったの、マッチョじゃなくて、凛じゃ、、、

「どう?訂正する気になった?」

「おいおいか弱い兎って言ったことそんなに怒ってんのか?ていうか、間違ったこと言ってないぞ?」

ブチッ。
あーあ、凛を本気で怒らしちゃったな。あれは。

「そう。なら、仕方ないよね?訂正する気がないのなら、訂正する気にさせてあげる、、、」

「ん?」

「Penis of cage!!」

ん?常闇の檻、、、??
完全に英語だよな、アレ。ていうか、英語でいいの?

「おおっ」

凛が叫んだ次の瞬間、マッチョの闇の気配がむんむんの檻に閉じ込められ、やがてその姿が闇に覆われ見えなくなり、やっと見えるようになった時、男の顔から血の気が引いていた。

「まっまいった俺が悪かった。」

「そうそう、分かればいいんだよ〜」

、、、あれは、誰だ?口調こそ変わらないが、いつもの凛が出来る顔じゃない。
あれは、、下劣な、優越感に浸っている顔だ。
凛があんな顔出来るはずがない、、、。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く