世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第35話 僕のレベルは1

「それじゃ、そろそろ俺は行くぜ。」

「あっはい。どうもありがとうございました!」

おかげで、1ついい事を知れた。
さて、どうしようかな、、、
1人で練習でもしてみるか、、、。
えーと、どれどれ、、、。

「スノー」

雪か、、
じゃあ次は

「エクスブロード」

「ファイアカッター」

ペラ

「ウォーターカッター」

ペラ

「アイスカッター」

ペラ

「ウィンドカッター」

ペラ

「サンダー」

ペラ
、、、ん?
ページが黒く塗りつぶされて読めなくなっている、、、。
いや、、違うな
よく見たら、英語で濃く、

【At the current level, you can not use this magic】

と書いてあり、日本語に訳すと、
現在のレベルでは、この魔法を使用できません
と書いてあった
この世界にレベルという概念があったのに驚いたが、魔法が使えるんだから、それくらいは当たり前なのかもしれない。
だが、今の僕のレベルは一体いくつなんだろうか。
気になるな、、、ていうか、このページ何レベルで使えるんだ。最後のページとかに書いてあるのか、、?
ペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラ
量多すぎだろ、、、!!
かといって一気に飛ばしすぎて、書いてあるページを見つけられなかったら嫌だしな。

結局、最後のページに書いてあり、その途中に何か役立ちそうな情報などもなかった。
、、ちなみにさっきのページはレベル2で使えるらしい。
つまり、僕のレベルはレベル1ということだ。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く