世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第34話 魔法の属性

え?

「え」

今、ここでするのか??早くないか?
いや、確かにおかげさまで分かりましたとは言ったけど、、、!

「ほら、俺がいるうちにした方がいいぞ〜。アドバイスとかも出来るし。」

「あぁ、ありがとうございます。それなら、、」

やるしかないか。ていうか、この人、魔術書を使うの手伝ってくれるってことだよな?
というか、ヤナといい、この人といい、親切な人が多いもんだな。 

「ええっと、、」

魔術書のページをめくってみると、

1ー5 火属性
6ー10 水属性
11ー15 風属性
16ー20 土属性
21ー25 光属性
26ー30 闇属性
31ー35 無属性
その他

と書いてあった。まずは、この人がやってたようにやってみるか。

「えっと、ファイア!ウォーター!」

すると、男がやっていたのと同じように、
僕が持っている魔法杖から、火が出てきて、その日が床にポトっと落ちた瞬間、今度は水が出てきて、あっという間に、その部分を消火した。

「おっ俺の真似かーじゃあ、今度はウェイト、やってみな」

「えっと、ウェイト」

やってみたところ、男が出したほどの風を出すことが出来なかった、、、

「、、、失敗ですね。」

「ははっ、最初はそんなもんだ。あまり落ち込むなよ」

「いえ、こんなことでは落ち込みませんけど、、、はい、ありがとうございます。」

こんなことで落ち込んだりしたら、どんだけ根性無しなんだよって話だし。

「なにか、コツとかはないですかね??」

「そうだな、、んーもっと元気よく言ってみたらどうだ?」

「元気よくですか、、分かりましたやって見ます!」

元気よく、、でも元気すぎずに、、

「ウェイト!」

今度は男が出した風と同じくらいの風を出すことが出来た。

「出来ました!」

「おお、うまいうまい。その3つが出来ればあとは、自力で出来るようになるぞ。」

「本当ですか?ありがとうございます。」

、、、威力は、声の音量で変わってくるんだな、、。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く