世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

ヤナの銃指導 (終)

なっなんで分かったんだ、、、?

「あら、なぜ分かったかって?」

、、、エスパーかな?この人。

「エスパーでも何でもないわよ。ただ、人のことをよく観察しているだけよ。」

人を観察、、、?
なんかのテレビ番組もそんなことしてた気がする、、、。
何だっけな、、、?

「で、ほら早く、やりなさい。」

「えっ?あ、はい」

そうだったそうだった。

集中して、的の真ん中を撃つ、、、。

バンッ

「あれ?」

「はぁ、、アンタ、、撃つ瞬間に目閉じてどうするのよ、、」

「えっ?」

「目を閉じたせいで、せっかく、集中して、的の真ん中に銃口を向けられてたのが、ズレて、あんな所にあるのよ?」

ヤナの視線に促されて、的を見てみると、今度は、最初に撃ち込んだ場所よりは、真ん中のよりになったものの、それでもやはり真ん中ではなかった。
「今度は、ちゃんと目を開けて撃ちなさいな。」

「ああ、分かった。」 


目をしっかりと開けて、集中して、的の真ん中を撃つ、、、。

、、、っ!!ハックション、、!

バンッ

、、、もう見なくても分かる。
ハズレたな。 

「アンタ、、本当にある意味すごいわねぇ」

「、、、。」

「ほら見てみなさいな」

「え?」

あっ、まっ真ん中を撃ててる、、!!

「でも、まぐれじゃぁ意味無いわ。もう一度してみなさいな」

「はい、、、」

今度こそ、、!

目をしっかりと開けて、集中して、的の真ん中を撃つ、、、!

バンッ

「あっ!」

当たった!的の真ん中に!

「やった、、、」

「ほら、やれば出来るじゃない。じゃ、後は頑張んなさいよ。」

「あっあのヤナさん!」

立ち去ろうとするヤナに慌てて声をかけた

「まだなんかあるの?」

「あの、ヤナさん、ありがとうございました」

「、、どういたしまして。」

そう言って去ろうとしたが、振り向いて、

「ヤナでいいわよ、ゴウ。」

と言い、今度こそ去って行った

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く