世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第31話 ヤナの銃指導

ヤナと名乗るこの女。
女にしては、地味に低い声だが、まあそんなことはどうでもいい。
銃の扱い方が上手そうな気がする。
的の真ん中穴だらけだし、、!!

「僕は、剛です。あの、ヤナさん。」

「ゴウ、、いい名じゃない、何かしら?」

「ありがとうございます、、、。あの、僕に、銃の扱い方を教えてもらえませんか?」

「なんで?」

「えっ?えっと、」

なんで?か、、、

「強くなりたいからです」

強くないと、護衛なんて出来ないし。

「本当かしらねぇ」

「?はい」
仮に本当じゃなくてもどうでもいいだろうに。

「まあいいわ、このヤナ様が直々に教えてあげるわ。」

「、、、お願いします。」

なんか、言い方が誰かに似てる、、、
誰だっけな、、、。
んー思い出せないな、、

「じゃ、まずは銃の打つまでの手順は?」 

「弾倉に弾を入れて、グリップの下から差し入れて、スライドを後に引いて、安全装置を外して、引き金を引いたら打てるんじゃないのか?」

あっ、凛とか、ユアンと話す時のまんまで言っちゃった、、、

「あら、凄いじゃない。ちゃんと分かってるのね。ここのは、全部店側の配慮ですぐに使えるようにしてあるから知らない奴もいるんだけどねぇ、、、」

「そうなんだ、、、」

「ええ、まあいいわ。で、アンタはアンタが撃った弾がなんで、あんな的の端っこにあるのか、分かる?」

「、、、下手だから?」

「おバカっ!」

という声とともに地味に痛いグーパンをあびた

「確かにそれもあるわよ。あるけど、違うわ!」

「じゃあなんだよ!?」

ていうか、それもあるんじゃないか!!

「それはね、、、集中して、的の真ん中を狙っていないからよ!」

「ああ、、、」

「見ていたらねぇ、とりあえず撃てばいいや。みたいなクソ根性が目に見えたわよ!」

ギクッ

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く