世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第29話 剣

キィと音を立てて、ドアが開く。

「はぁぁぁっ!」

という声が聞こえてきたので、その声の主を探すと、すぐに見つかった。凛だ。

「おーい凛ー」

「あっお兄ちゃん!と、、ユアン!」

凛は、さっきまで、声とを出すのと共に、剣で木人形を切りつけていたが、僕達が来たのを見て、パッとそれを止め、こちらに走りよってきた。

「あれっ?お兄ちゃんも、お試しするの?」

「ははっ当たり前だろ?お試ししないで買って、結果使いこなせなさそうってなったらどうするんだよ?」

「使いこなせるようになるまで頑張る!」

「なるほどその意見もありだな。だけど、僕もお試しはすることにするよ」

そう言って、凛がさっきまでお試しで木人形を切りつけていた場所に行き、剣以外の武器を全て離れたところに置き、剣を握った。
、、、、。
剣ってどうやって振るの、、、?
とりあえず凛がやってたみたいにするか。
凛は、確か、、、
こう、右から切りつけて、それから、、、
おお、意外と簡単だな

「いい感じですね。」

「そうか?」

凛の真似してただけなんだけど。

「次は魔法銃のお試しをしてみては?」

「そうしようかな」

でも、魔法銃ってどうやって使うんだ、、、?

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く