世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第28話 目眩

「ああ、失礼。魔法杖とか、魔法銃かなぁって思いまして。」

「それは、、僕がマジックトールの使い手だから?」

物理的な攻撃はしないと思ったのか。

「ええ、それもありますが、、、物理的な、、、それも最も近くで、血を見る攻撃をすることが苦手そうなので。」

「そう、、か。」

!?


ドクンドクンドクンドクン、、、


やけに心臓の音がうるさい
別に大したことをユアンが言った訳でもないのに。
”血を見る攻撃”が苦手そうと言われただけだ。
なのに、なんで、こんなに、心臓の音がうるさいんだ。

「ヴッ!」

「っ!?ゴウさんっ?」

なんだ、、、目眩が、、

、、、、、?
なんだ?なんか、ぼんやりと見える。
なんだ、アレ。
大樹の下で、2人の子供が遊んでる、、、。
あ、、、。片方の子が崖から、、落ちた、、。



「ゴウさんっ!」

ハッ!

「、、、ユアン。」

「大丈夫ですか?」

「あっああ、悪い。なんでもない。」

何だったんだ、、さっきの。

「、、よくあるんですか?」

「えっああ、たまにこうなるんだ。驚かせてしまって、ごめん。」

のちのち何か言われそうだし、こういっといた方がいいだろう。

「そうなんですね、、、。」

「ああ」

「そういえば、武器のお試しまだですよね?」

「えっ?まあ、、、」

「早速しますか?」

「ああ、そうしようかな。」

早いうちにやっとこう。凛の様子も気になるし。
ということで、僕は魔法杖と、魔法銃。
そして、剣と、クローを持って奥の凛がいるであろう部屋に向かった。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く